気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

いろいろ

ラニーニャ現象とは?冬は極寒で夏は猛暑に!2016年はどうなる?

2016年9月9日に気象庁から「ラニーニャ現象が発生しているとみられる」と発表になりました。
エルニーニョ現象の反対といわれるラニーニャ現象とは、一体なんなのでしょう??

Sponsored by

ラニーニャ現象とは


ラニーニャ現象とは、

南アメリカ大陸のペルー沖から太平洋中央部までの海水の温度が低い状態が続く現象のことをいいます。

画像は、ラニーニャ現象の時の海水温です。(気象庁サイトより)
下のバーが、海水温の平均値。
濃い青ほど低い温度。

ラニーニャ現象画像

気象庁では、エルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差が6か月以上続けて−0.5℃以下となった場合を「ラニーニャ現象」と定義しています。

そして、ラニーニャ現象の時には、赤道付近を吹いている『貿易風』と呼ばれる東風が通常時より強く吹きます

そのため、暖められた海水が通常より西へ移動してしまいます。

通常でも、海面の暖められた海水が西へ移動することや地球の自転などによって、深海から冷たい水が海面にわき上がってきています。

ラニーニャ現象の時には通常より西に暖められた海水が溜まります。
そのため、ペルー沖から太平洋中央部の通常より広い範囲に、冷たい海水が広がってしまうのです。

参考記事:気象庁「エルニーニョ/ラニーニャ現象とは」

夏は猛暑に、冬は極寒に


ラニーニャ現象の時には、通常より西の海が暖められ蒸発が活発になります。
ですから、インドネシア近海(西太平洋)で積乱雲がたくさん発生します。
積乱雲は熱帯低気圧のもとのようなものです。

そして、日本では、夏には太平洋高気圧の張り出しが強くなります。

そのため、夏は猛暑になります。

反対に冬には、西高東低の気圧配置が強まり、気温が低くなります。

2016年9月9日に気象庁が、
「ラニーニャ現象が発生しているとみられる」
と発表しました。

エルニーニョ監視海域で、2016年6月から平均を下回り、7月と8月は基準値を0.6度下回ったそうです。

そして、「冬の間もラニーニャ現象が続く可能性が高い」とも発表しました。

これからの秋は暑さが続き、冬はかなり寒いということだそうです。

2016年は熊本大震災や台風10号による北海道と東北地方の水害がひどかったですよね。
ラニーニャによって、さらに災害がもたらされないように願っています。

Sponsored Link

-いろいろ