気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

いろいろ

志布志市のふるさと納税のうなぎ養殖PR動画「うな子」はNG?

鹿児島県志布志市(しぶしし)のふるさと納税のお礼品には、「楠田の極うなぎ」の蒲焼きや白焼きがあります。
ふるさと納税のサイト「ふるさとチョイス」の志布志市のページで、このうなぎをPRする動画「うな子」が驚愕の内容でした!
水着の美少女をうなぎと見立てた動画になっていたのです!

Sponsored by


志布志市うな子画像

志布志市とは


志布志市は、鹿児島県の東部で、大隅半島の付け根部分にある市です。

人口は約32000人。(平成28年7月31日現在)

江戸時代後期に薩摩藩が編纂した「三国名勝図会」には天智天皇がこの地を訪れたことが書かれています。
その時の天智天皇の言葉からこの地域が『志布志』といわれるようになったという伝承があります。

なんかカッコいいですね!

また、市の南には、中核国際港湾である志布志港があります。

志布志港は、旅客船「フェリーさんふらわあ」で大阪湾とつながっており、畜産が盛んな南九州向けの家畜飼料を輸入する港となっています。

ちなみに、中核国際港湾とは、地域のコンテナ輸送に対応した国際海上コンテナターミナルを持っている港湾です。
北米・欧州などとの輸出入を担う港湾として重点整備されています。

志布志港の歴史も古く、1316年(正和5年)倭冦の拠点になったと考えられています。
豊臣秀吉の朝鮮出兵の際の、島津氏の拠点港のひとつにもなりました。

恥ずかしながら、全然知らなかったのですが、志布志港も歴史に名を残す重要な港でした。

志布志市ふるさと納税・うなぎ


さて、志布志市の現在特産品は、いちごやメロン、うなぎや牛肉・豚肉などがあります。

うなぎは、1万円以上の志布志市にふるさと納税するとチョイスできます。

ただのうなぎではなく、楠田淡水有限会社の『極うなぎ』と言われ「やわらかく、うなぎ本来の旨味のつまった」うなぎです。

なので、うなぎ自体にはまったく問題は無いどころか、折り紙付きの品質です!

今回問題になってしまったのが、手間ひまかけて育てたうなぎを水着の女子高生「うな子」として、擬人化してしまったからです。

すでに削除されているのですが、アップしていた人がいるので、今ならまだ見れるかもれません。
削除されてしまったら申し訳ありません。

Youtube:鹿児島県志布志市 ふるさと納税PR動画「UNAKO」

見てみると、プールに水着の女性がひとり生活している様子・・
確かに異様ですし、気分がいい動画ではありません。

担当者や他にもいろんな人がチェックしたはずなのに、すり抜けてしまい公表されてしまったのか・・なぞです・・

食べ物を擬人化すること自体は、悪いことだと思いません。
ですが、ネットは大勢の人が見る可能性があるし、すぐに拡散していくメディアですよね。
すぐに炎上します・・
たかがネット動画と考えていると、思わぬ落とし穴があるのかもしれません。

難しいですね。

Sponsored Link

-いろいろ