気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

いろいろ

杉尾秀哉:定年前にTBS退社!報道ステーションに転職?政治家に?

2016/09/14

TBS報道局編集センター解説・専門記者室長の杉尾秀哉さんが、2015年末で同社を退社することが発表されました。

定年まであと2年を残しての退社に、いろいろな憶測が飛んでいます。

Sponsored by


古館の後継者?報道ステーションのキャスターに?


杉尾秀哉さんが退社するとすぐに思いつくのは、古館伊知郎さんの後継者になるのではないか?!ということではないでしょうか。

杉尾秀哉さんには、キャスターとしての十分な経験があります。

さらに、時事に対しての知識も申し分無いですよね。

そして、退社……
絶妙なタイミングですよね。

誰しもが、古館伊知郎さんのポストに杉尾秀哉さんがつくのではないかと考えて不思議は無いですよね。

ただ、杉尾秀哉さんの年齢は、古館伊知郎さんとさほど変わりません。

生年月日:

古館伊知郎 1954年12月7日
杉尾秀哉 1957年9月30日


これでは、長く続く人気番組に育てるのは難しそうです。

それに、杉尾秀哉さんのコメントについては、反日なのではないかと言われることもあります。

実際はどうであれ、現在の報道ステーションが、そのように指摘される人物を局の看板番組に登用するとは考えにくいですね。

政治家に転身?


報道ステーションのキャスターに登用される以外には、政治家になるのでは?という声もあります。

杉尾秀哉さんは、記者を経て長年報道に携わっているのですから、政治家になって世の中を変えていきたいと考えることはあり得ると思います。

有名人ですし、好感度が高い杉尾秀哉さんなので、誘いはあると思いますが、政治家転身はないのではないかと思っています。
というかそう思いたい!

そもそも記者なのですから、ペンで時勢に楯突いて欲しいのですけど。。
まあ、これはかなり私情入ってます>_<

杉尾秀哉画像

そして最近では、かなり講演会が増えているようです。

内容も、経済や人権、男女参画など時事問題でも多岐にわたっています。

2014年に放送され、杉尾秀哉さんがキャスターをつとめていた『週刊BS-TBS報道部』(すでに終了)のインタビューでは、この番組の特色について次のように述べていました。

次の時代を担う人たちに見てもらうことをコンセプトにしていています



このような言葉を聞くと、テレビを通してでなく、直接ご自分の経験や知識を次世代に伝えていきたいと思っているのかなと思います。

それに、講演会は、テレビほど発言にいろいろな制限がないですよね。たぶん。

退職後はもっと身近に杉尾秀哉さんを見られるようになるのかもしれませんね。

Sponsored Link

-いろいろ