気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

いろいろ

大嘗祭とは?平成30年に皇位継承?元号は?読み方

天皇陛下が「お気持ち」を受け、政府が「大嘗祭」を平成30年に執り行うことについて検討を始めたとのことです。大嘗祭はどのような儀式なのでしょうか?また元号はどうなる??

Sponsored by


天皇陛下の「お気持ち」表明は、天皇陛下のすばらしさを再認識することとなりました。
涙無しには、テレビを見れなかったです。

大嘗祭とは・読み方


大嘗祭とは、天皇が即位後初めて行なう『新嘗祭』のことです!

大嘗祭の読み方は、「だいじょうさい」です。

昔は、「おほにへまつり」、「おほなめまつり」と読んでいたそうです。
ですが、今は音読みすることが多いそうです。

大嘗祭イメージ画像

ちなみに、新嘗祭は、「にいなめさい」と読むことが多いようです。

「にいなめのまつり」「しんじょうさい」とも読みます。

新嘗祭は、天皇が行なう収穫祭のことです。

その年収穫した新しい穀物を神に供えるとともに、ご自身も食します。

ここで五穀豊穣に感謝し、国民の安寧を祈ります。

天皇が即位の礼の後行なう新嘗祭は、一世一度きりということで大規模に行なうことから大嘗祭と言われるようになったそうです。

宮中の行事は、難しいです。。

大嘗祭は平成30年


2016年10月16日の報道によると、皇太子さまが天皇へ即位された後の大嘗祭を平成30年に11月に執り行うことで検討に入りました。

天皇の即位の準備には1年近くかかると言います。

ですので、2017年の通常国会で皇室典範の改正などの法整備を行なわないといけなくなりました。

今後の動きをよく見ていきたいです。

平成のあとの元号は?


新天皇が即位されると、新しい元号に変わります。

大正 → 昭和 → 平成 → ???

どのような元号になるのでしょうか?

元号が変わると、いろいろ混乱も起こりそうです。

天皇陛下が代わるということは、日本全体の大きな変化の起点になるのかもしれません。

Sponsored Link

-いろいろ