東山篤規の経歴は?河西市出身北上高校卒業!生年月日や論文は?

2016年のイグ・ノーベル賞を受賞した
東山篤規さんは、
立命館大学で「視覚による空間知覚」の研究をされています。

受賞したの研究テーマは「股のぞき」。

イグノーベル賞らしい研究テーマ!

テーマを聞いただけで笑えるって、
すばらしい!

東山さんの経歴が気になる!

ところで、
イグ・ノーベル賞の選考は、
かなり厳正に行なわれています。

以前テレビで、
イグ・ノーベル賞の選考課程のドキュメンタリーを
放送していたのですが、
ノーベル賞より取るのが難しいと言われるほどだそうです。

おもしろいけれど、考えさせられる研究に与えられます!

東山篤規の経歴



スポンサーリンク




東山篤規さんは、心理学の研究者です。


まずは、経歴です.

名前:東山篤規(ひがしやま あつき)

生年月日:1951年?月?日

出身地:兵庫県立河西市

出身高校:兵庫県立北条高校

出身大学:大阪市立大学文学部



すみません、誕生日まではわかりませんでした。。


東山篤規画像


職歴については、次の通りです。

1974年 大阪市立大学文学部卒業

1978年 大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程退学

1978年~1996年 大阪府立大学総合科学部助手,講師,助教授

1983年 文学博士 (大阪市立大学)

1996年 立命館大学文学部教授(現在に至る)


博士課程は、いったんあきらめているんですね・・
ですが、その後文学博士となられています!

なんか、苦労人?

スポンサーリンク



東山篤規の論文


東山さんは、学術論文はたくさん出しています。

本になっているものもあります。

アマゾンでもいくつも扱っていました。

触覚や視覚などの知覚が専門なんですね。


⇒ アマゾンで扱う東山篤規さんの著書リスト

題名だけ見ると、
おもしろそうですが、
読むと難しいかな?

また、
立命館大学人眼科学研究所
の研究者の「東山篤規」さんのページにも論文のタイトルは掲載されています。


⇒ 立命館大学人眼科学研究所の研究者の「東山篤規」


東山篤規の妻や家族


東山さんの妻の詳しい情報はありません。

ですが、
イグ・ノーベル賞の受賞について祝福してくれたそうです。

ちゃんと祝福してくれるお嫁さんなのですから、
ご夫婦は仲良しなのではないかと
察します。


研究者の奥様ですから、
どんと構えている方なのではないでしょうか。

東山さんの研究について、
知覚分野は、
最近でも新しい発見があるようです。

当たり前と思っていたことの根拠がわかるのは、
不思議な気がします。

「見る」ことでも、
まだ解明されていないことがあるなんて、
人間て、
おもしろい!

このような研究によって、
新しい製品が開発されるのでしょうね。

イグ・ノーベル賞の受賞は、
本当に誇らしいことだと思います!!!

というか、
受賞に値する研究をされている
東山さんがすばらしいのだ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。