健康ゴールド免許はいつから?仕組みや内容、保険料は?特典は?

koizumisinjiro-kenkogoldmenkyo

自民党の小泉進次郎議員が、「健康ゴールド免許」の導入を打ち出しました!どんな人がもらえるのでしょうか?また、いつから交付されるのでしょうか?保険料(交付料金)はいくらなのでしょう?気になる〜!

Sponsored by


小泉進次郎さんが提案したのは、財政再建に関する委員会で話し合った内容です。

財政再建するには、医療費の抑制が必要という判断なのでしょう。
健康でいれば、医療費がかからないですからね〜

小泉進次郎・健康ゴールド免許画像
以前テレビで、アメリカの国家をあげて肥満対策の10カ年計画の理由と成果みたいなドキュメンタリーをやっていました。

小泉さんが提案したのと同じで、医療費の抑制を目的としていました。
さらに、労働力や生産性もあがりますよね〜

健康ゴールド免許:内容・保険料は


健康ゴールド免許は、どんな人がもらえるのでしょうか?

2016年10月26日のロイターの記事では、「健康管理に努めてきた人」と書かれています。

健康管理に努めてるって、そんな個人情報どこでわかるのでしょう?

もしかして、国民全員にスマートウォッチ配布するとか??

そんなことされたら、完全に監視社会になってしまう!!

もし仮にスマートウォッチを国民全員がつけたとしても、それを管理する能力が現段階では政府に無いような気がしますーー。

長年続いていた年金だって、データ無くしちゃうし・・

スマートウォッチ案は、私の妄想です・・

実際には、定期検診の受診記録などで確認するみたいです。

定期検診に行っている人=健康管理に努めている人

ということですね〜

ただ現在の定期検診って、一見管理しているのでしょうか?
マイナンバーとかでしているのかな??

というか、すでにマイナンバーで管理されているのか!?
だったら、いまさら国家に管理されているとか気にすること無いのかな・・
なんか、すっきりしませんが・・

保険料(免許交付料金)は、まだまったくわかりません。

もらえる人のことを考えて、設定して欲しいですね!

健康ゴールド免許:いつから


小泉進次郎さんが提言したのは、財政再建に関する特命委員会の下部組織「2020年以降の経済財政構想小委員会」の取りまとめです。

なので、健康ゴールド免許が交付されるのは、2020年以降になりますね。

すごい先のような気がしますが、現在2016年ですから、そんなに時間がたくさんある訳ではないですよね。

小泉進次郎さんの提案を上部組織の特命委員会に報告して、
それからまた会議を重ねて決定して、
それから国会に提出??
内閣で決議??

間に合うのかなあ?

健康ゴールド免許:特典


健康管理に気をつけて、健康ゴールド免許を交付された人には、何か特典が欲しいですよね!
お得感が欲しい!

小泉進次郎がおっしゃっていたのは、健康ゴールド免許を持っている人は、医療保険の自己負担を3割から2割に引き下げることでした。

健康なんだから、医療費引き下げられてもどうなのかな??

年金支給額を1割あげるとかどうですか??

実際もらえる方が実感として湧きやすい気がしますけどwww

今回の提言は「人生100年時代の社会保障へ」と題したものでした。

そもそも100歳まで生きられるのかという疑問が湧いてきますが・・

それはともかく、小泉進次郎は、真剣に取り組んでいらっしゃるようなので、弱者視点も忘れないで欲しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ichihasitadayuki
  2. peterrabbit
  3. konokenji
  4. akisinonomiya-kuruma
  5. rola-kumamoto
  6. kirakozukenosuke
コメントは利用できません。