気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

アスリート

ドミニクニャイロは山梨学院大学のオムワンバの後輩!箱根駅伝で力走

2016/09/14

山梨学院大学で2016年箱根駅伝の2区を走るのは、ドミニク・ニャイロ!
2015年4月に日本へ来た留学生です。

10位でたすきを受け、8人をごぼう抜きしました!!

Sponsored by


ニャイロとは


ニャイロって、可愛い名前ですよね。
ニャロメの親戚のキャラかと一瞬思ってしまいました^^

ニャイロ選手は、ケニア出身の陸上選手です。

ニャイロ選手のプロフィールを紹介します!

生年月日:1997年3月11日
身長:167㎝(2015年4月現在)
体重:47kg(同上)
出生地:ケニア・キシ
1万mの自己ベスト:28'50"00(同上)


陸上競技を始めたのは、10歳でした。

山梨学院大学では、現代ビジネス学部に入学しています。

上田誠仁監督は、ニャイロ選手について、

持久力のある選手

と述べています。

今後長距離でめきめき頭角を現してきそうな予感です!

ニャイロ画像


ニャイロ選手は「おとなしく、真面目」と評されています。

肉より魚が好き!
納豆も食べられる!

など、すでに日本の生活に慣れているようですね^^

オムワンバと同郷・キシ出身


山梨学院大学のケニアからの留学生は、ニャイロ選手で10人目になります。

そのすべての選手が、ニャイロ選手と同じ地区キシから来きました。
オムワンバ選手もキシから来ました。

キシは、ケニア西部の町です。
キシ族が多く住んでいます。

そこでは、ソープストーンをいう岩盤が広がる地帯があり、そこは農耕には向かない土地だそうです。

このソープストーンは、石鹸のように滑らかで美しい風合いがあります。
その石を切り出して、彫刻をし、おみやげ品を作っています。
現地の人たちの貴重な収入源となっているそうです。

ちなみに、ソープストーンの和名は、滑石(かっせき)です。
そして、英語名はtalc(タルク)といいます。

パワーストーン的には、持ち主の精神を安定させてくれるとか…

ソープストーン置物画像

箱根駅伝第2区では、快走を見せてくれたニャイロ選手!

これからも活躍が楽しみです!

Sponsored Link

-アスリート