気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

料理

山下春幸のプロフィール!結婚は?お店の場所?

2016/11/20

山下晴幸さんは、『新和食』のシェフです。お店は関西と東京に出店しています!独特のコンセプトの『新和食』を作り出すシェフ、山下晴幸さんが気になります!

山下晴幸さんは、和食を全世界に広めたいと言っています!
それは単に「食」を広めることにとどまらないようですね〜

和食を全世界に広めるとは、和食の神髄を伝えたいということのようです。

Sponsored by


崇高な考え!

山下晴幸のプロフィール


山下晴幸さんの実家は、居酒屋を営んでいたそうです。
それでなのか、山下さんの小学生の頃の憧れは、「シェフコート」だったそうです!

天性のシェフですねww

山下晴幸画像


山下さんは、1969年6月12日生まれ。

出身地は、兵庫県神戸です。

神戸は、世界の異文化が交わる場所です。

後に、世界を放浪の旅?するのも、その影響もあったのかもしれないですね。

そして、出身大学は、大阪藝術大学藝術学部です。
料理の道は、最初は選んでいないんですよね〜
おもしろいですね〜

大学では、お世話になった教授に、次のように言われたそうです。

山下は『発想』の世界に生きている。瞬発力に魅力があるからそこを強みにするといい


山下さんの独創的な料理の原点は、発想による瞬発力だったんですね!

さすが教授、見抜いてる!!

大学卒業後は、飲料品メーカーに就職し、レストラン事業部に配属。
ウエーターやレストランマネジメント、新規出店などのプロジェクトにも関わりました。

そこでの経験が、山下さんは「食の世界で生きていこう」と決意をさせたそうです。

その後会社を辞め、全く当てもないままアメリカに飛び立ちました!

アメリカでは、皿洗いや掃除など、なんでもやったそうです。

アメリカの後、香港やオーストラリアなどいろいろな土地を巡りました!

そして、こだわりを持って自分のやりたいことを信念を持ってやるシェフが誕生しました!!

山下さんのシェフとしての経歴は、輝かしいものです!
2010年シンガポールワールドグルメサミットの日本代表になりました。
そこで、世界のマスターシェフの最高峰と称賛されました。

2012年中東アブダビワールドグルメサミットで日本代表を務め、輝かしい功績を残しました。
そして、インターナショナルマスターシェフとなりました!

山下晴幸のお店


山下晴幸さんは、海外外遊wwの後帰国し、33歳で神戸元町に「NADABAN DINING」をオープンしました。

神戸元町にお店を出したのは、イメージ戦略だったそうです。

東京から世界に出ることが、目標だったので、東京進出の時のどのように見られるか計算ずくだったとか!

ですが、初期投資3000万円、賃料50万円の全財産を使うことを考えて、まさに断腸の思いで出店を決意したそうです!

すごいですね〜

そして、戦略は他にもありました!

「美味しくないとお客さんは続かない」からということで、取材もすべて断り、ビラも配りませんでした。
なので、最初の3ヶ月間は、かなり財政的にきつかったようです。

それでも、3ヶ月後にメディアに取り上げられ大ブレーク!!

現在に至る訳です!!

お店の場所、コンセプトについては、山下さんの会社のサイトをご覧下さい!

⇒ WATERMARK.Inc

山下晴幸の結婚


山下晴幸さんの結婚については、全く情報が出てきません(汗)
すでに超有名人なのにww

料理やビジネスに邁進されているので、その時間がないのかもしれないですね!

ぜひ一度山下晴幸さんのお店で『新和食』を味わってみたいです。。

そのために貯金かな。。

Sponsored Link

-料理