宮沢氷魚は父親そっくり!目の色は母譲り?経歴も気になる!



宮沢氷魚さんは、
独特の雰囲気を持った俳優さんであり、
モデルさんです。

目の色が独特で、
不思議な雰囲気ですよね。

実は宮沢氷魚さんの父は超有名人!

そして母も芸能界で活動していました。

一体誰なのでしょうか?


スポンサーリンク



宮沢氷魚の父


宮沢氷魚さんの父は、
超ビッグネームのアーティストです。


それは、
元THE BOOMの宮沢和志さんです。


宮沢和志さんのプロフィールは
次のとおりです。

生年月日:1966年1月18日

出身地:山梨県甲府市

最終学歴:明治大学経営学部卒業

THE BOOM結成:1986年11月

デビュー:1989年5月21日

島唄発表:1992年1月22日



宮沢和志さんというと、
青い海と青い空、そして緑の森林が浮かびます。


宮沢和志さんというと
「島唄」というくらいのヒット曲の代名詞なので、
沖縄出身のように思いますよね。


ですが、全く海の無い県の出身です。


宮沢和志画像


「島唄」のすごさは、
ワールドワイドなんですよね。


サッカーワールドカップで、
アルゼンチンの公式応援歌になってしまっています。

世界中の人が思いを一つにできる歌なのです!!

私が作った訳ではないですが、
なんとなく自慢したい気分になります。

スポンサーリンク



宮沢氷魚の母


宮沢氷魚さんのお母さんは、
光岡ディオンさんです。


出身地は神奈川県で、
国際基督教大学教養学部語学科を卒業されています。


いわゆるバイリンガルタレントの黎明期に活躍された方だと思います。


お名前の通り、
ハーフなんですよね。


なので、宮沢氷魚さんは、
クウォーターになりますね。


宮沢氷魚の目の色や経歴


宮沢氷魚(ひお)さんは、
『MEN’S NON-NO』2015年10月号に、
専属モデルとしてデビューしました。


宮沢氷魚さんのプロフィールです。

生年月日:1994年4月24日

出身地:アメリカ・カリフォルニア州

学歴:カリフォルニア大学サンタクルーズ校(University of California, Santa Cruz, UCSC)から国際基督教大学(ICU)へ編入・3年(2015年9月現在)
身長:184cm

靴のサイズ:28.5cm



生まれたのはサンフランシスコですが、
アメリカにずーっと住んでいたのではなく、
東京でインターナショナルスクールに通っていました。


そして、大学進学を機に渡米。


その後帰国し、ICUに入りました。


宮沢氷魚画像


前述した通り、
宮沢氷魚さんの目が淡い色なのは、
お母さんの遺伝だと思います。


英語がネイティブスピーカーなのも、
お母さんのおかげですね。


さて、
氷魚さんは、
モデル時代にすでにテレビ出演もしていました。


2015年10月のTBS「炎の体育会TV」に出演しました。


運動神経も抜群、英語もできて、カッコいい!
パーフェクトですね!


関連記事: トドメの接吻(キス)で乗馬クラブの布袋道成役の俳優は誰?

スポンサーリンク


最新情報をチェックしよう!