小野寺晃彦が青森市長選挙に出馬!マニフェストは?経歴は?妻や家族

小野寺晃彦さんは、
青森市長選挙に立候補した無所属の候補者です。

小野寺さんの経歴や、
ご家族について知りたいです〜

一番気になるのは、
青森市をどこへ導いてくれるかですね〜

マニフェストも気になります〜

小野寺晃彦さんは、
省の職員でしたが、
地元・青森市のために立候補するため退職しました。

「青森市のため」という気持ちは当然あると思います。

ただ一方で、
青森市議会自民会派と自民党青森支部が立候補を打診しました。

なので、事実上自民党の候補者となるということでしょうね。

スポンサーリンク



小野寺晃彦の経歴


小野寺晃彦(おのでら あきひこ)さんの経歴は、すごいです!!

経歴に乱れが無い!

生年月日は、1975年7月25日です。


小野寺晃彦画像

1991年青森市立南中学校卒業。
1994年青森県立青森高校卒業。
1999年東京大学経済学部卒業!!!

さすが優秀です!!
すごーい!
青森の星でしたね!!

そして、自治省(現在の総務省)に入省します。

総務省時代は、地方に出向して、財務関係の仕事をしています。

2014年総務省地域力創造グループ・地域政策課理事官として、「地域のしごとづくり担当」をしていました。

地方を活性化するためのフィールドを渡って来たのですね〜

確かに、この経歴ならば、実際自分が地域の活性化のための陣頭指揮を取りたいと考えても不思議ではないですね〜

スポンサーリンク



小野寺晃彦のマニフェスト


さて、青森市長選候補として一番大切なのは、マニフェストですよね。

大筋だけ列挙しました。

小野寺さんは、大きく2つの柱を立てています。

1. 明日の街を創る!
2. 市民の暮らしを守る!

明日の街を創る!


この柱では、青森の未来への約束です。

1. しごと創り:地域企業の新ビジネス挑戦を支援

2. ひと創り:明日を担う世代を育む

3. まち創り:地域の課題に対応したまちづくり

●新市庁舎建設を大胆に圧縮しアウガに移転
10階建100億円の「新市庁舎建設」を大胆に圧縮、アウガに市役所庁舎機能を移す
など

市民の暮らしを守る!


すぐにできる約束です。

1. やさしい街:高齢化の進展に備える

2. つよい街:災害に強いまちづくり

3. かがやく街:森・川・海の自然を保全、豊かな緑と水を守る

以上です。

詳細は、公式サイトをご確認ください!

⇒ 小野寺晃彦公式ホームページ

青森市がやらなければいけないことがたくさんありますね〜

ところで、マニフェストですが、アウガ以外のことでは、具体的なことは掲げていませんね。

その方向で行きたい!という感じです。。

いいことばかりですが、実際市の財政が切迫していることを考えると、すべてができる訳ではないので、優先順位を上げてもらいたいです。

また、市民が我慢しなければならないことが出てくるとすれば、それも教えて欲しいですよね。

市政が良くなり、市が活性化するなら、少しの我慢はしても良いかなと思います。

正直に伝えて欲しいですね。

小野寺晃彦の嫁や家族


小野寺晃彦のお嫁さん、つまり妻は、小野寺さんの高校時代の同級生です。

お子さんは、3人いて、長男、長女、次女の順だと思いますww

2016年11月3日の「青森市長選市民公開討論会」の時に、
会場に来ていた子どもからの質問で、「あなたの金メダルは何ですか?」というものがありました。

小野寺さんは、その答えとして「私は妻です」と言ったそうです!!!

総務省を辞めて、選挙戦に出ることを認めてくれたことをとても感謝しているそうです。
ですので、「市長になった暁には、妻に金メダルをあげたい」とのことです。

ラブラブですね〜
うらやましいww

最後に、青森県知事も、小野寺さんを応援すると表明したそうです。

投票日まで他の候補者共々体を壊さないように、走りきってください!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。