ボルダリングワールドカップ2017日本で開催!会場や日程について

bouldering

ボルダリングは、人気のスポーツになって来ていますね〜
東京オリンピックの追加競技にも選ばれました!
そして、なんとボルダリングワールドカッップ2017が日本で開催されます!

Sponsored by


間近で世界のトップ選手を見るチャンス!
すばらしい!!

ボルダリング競技とは


ボルダリングとは


ボルタリングは、命綱などの安全確保の用具を使いません。

ボルダリングは、用具を使わずに、岩壁や人口の壁を登る事を言います。

<使用するものは、クライングシューズとチョークのみです>

また、ボルダリングは、決められたコースと掴んでいいホールドが決まっています。

ホールドとは、手や足をかける岩のことです。

なんと、上級者コースになると、足をのせていいホールドまでもが決められています。

ボルダリング競技とは


ボルダリング競技は、高さ5m、幅6m位の壁(クライミングウォール)を登ります。

スタートのホールドから出発し、終了点のホールドを両手で持てば、「完登」です。

もし完登できなくても、途中に設定してあるボーナスポイントのホールドを持てば、「ボーナスポイント」を獲得できます。

VS嵐のクリフハンガーみたいですね・・
って、VS嵐が真似している訳でww

ボルダリング画像


ボルダリング競技では、コースを登ることを「アテンプト」といいます。

制限時間(6分間)内であれば、途中で落ちても何度でも最初から「アテンプト」をし直せます。

ですが、同じポイントでも、アテンプト数が多いほど順位は下がります。

アテンプトをいかに少なくして、終了点のホールドや途中のボーナスポイントのホールドに到達できるかが見所です。

ちなみに、アテンプト数は審判員がカウントしています。

ずるはできません・・
当たり前か・・


オリンピック種目:スポーツクライミングとは

ところで、オリンピック種目として提案された競技にスポーツクライミングがありますよね。

ボルダリングとの違いは、以下の通りです。。

まず、スポーツクライミングは、3種目の複合種目です。

普通は単体で行なわれるのですが、オリンピックでは、この3種の合計で順位が決められます。

1.リード
2.ボルダリング
3.スピード

『リード』は、12メートルを超える高さの壁に設定されたコースを登り、制限時間内での到達した高さを競う種目。

選手は、ロープで安全が確保されています。

『ボルダリング』は、高さ5メートル以下の壁に設定されたコースを、制限時間内にいくつ登れたかを競う種目です。
コースは、複数用意されています。
各コースとも制限時間内であれば、何回でもトライできます。

『スピード』は、高さ15メートルの壁に設定され、ホールドの配置がしらされているルートを上るタイムを競う種目です。
同じ壁が2つ良いされていて、よーいドン!で駆け登ります。

自分ではできないですが・・
スピードって見ていておもしろいですよね〜
一瞬で勝負がつくし、飽きないです。。

まあ、一瞬だからww


ボルダリングワールドカップ2017の会場・日程


さて、ボルダリングのワールドカップは、年間を通じて世界各地で行なわれています。

そして、日本初のボルダリングワールドカップ2017は、下記のの会場と日程で行なわれます。

開催会場:『エスフォルタアリーナ八王子』
住所 東京都八王子市狭間町1453番の1

開催日時:2017年5月6日・7日

会場については、公式サイトにリンクを貼りますね〜

『エスフォルタアリーナ八王子』公式サイト

ボルダリングワールドカップには、全世界から120人ほどの選手の参加が見込まれています。
もちろん、2016年世界ランキング1位の楢崎智亜(ならさきともあ)さんも出場してくれることでしょう!

観客はどれくらい集まるのでしょうね〜
楽しみですね〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. watanabemorinari
  2. hiranoseiji-mrrugby
  3. hiraoseiji-meigen
  4. yosiimasato
  5. onidukashota-tokaidai
  6. miyasitajunichi
コメントは利用できません。