河野健治アナはかつらって本当?英語が堪能!海外支局長歴任!

河野健治さんは、
NHKのニュース番組『ニュース9』のキャスターです!

NHKの海外支局長を歴任し、
国際問題の記者として知られています!

NHK一の英語の使い手と言われる
河野さんの英語の原点はどこにあったのでしょう。

そして、河野健治さんに、かつら疑惑があります!?

気になってしまいました〜

追記:2017年3月で『ニュース9』を卒業されました!



河野健治は「かつら」?


ソフトな語り口のロマンスグレーの河野健治さん。。
ステキです〜

その河野健治さんに「かつら」疑惑があります。。

かつらだって、別にいいじゃんと思うので、疑惑という言い方はおかしいかな〜

なぜ「かつら」疑惑が浮上しているのか考えてみました。。

河野さんのヘアスタイルですが、前髪をふわっと落としています。

その時頭の上の髪の毛の根元をと立ち上がらせていますよね〜
それが、かつらを「乗っけてる」って感じに見えるのではないでしょうか。

河野健治立ち上げ髪画像
それに河野さんって、案外おでこが広いですよね〜
多少の後退はあるとしても、もともと広いのだと思います。

前髪をふわっと下ろすことで、おでこの広さを目立たなくさせているのでしょう。
なので、乗っけてる感が出やすいのかも!?

2015年11月のパリのテロの取材寺の河野健治さんです。

髪の毛をふわっとしていません。
この画像を見ると、かつらには見えないです〜

河野健治かつら疑惑画像
河野さんが、かつらだったとしても、何も問題は無いですけどね〜



河野健治と英語


河野さんは、NHKに入局してから現在に至るまでの約半分は、海外生活だったそうです。

それだけ海外にいれば、その土地の人とおしゃべりしたり、その土地の文化に触れたりしますよね。
なので、NHK一の「英語の使い手」と言われているのだと思います。

その河野さんの英語力の原点はどこにあったのでしょう。

河野さんの母校「香川県立観音寺第一高等学校」の同窓会報に、河野さんが寄稿していました。

そこには、次のように書かれていました。

スポンサーリンク

国際問題の記者を目指すことになった最初のきっかけは、高校1年のときの英語の授業だったと思います。
〜副読本で使われたのが、「ライフ・イン・ザ・USA」という冊子でした。アメリカの社会や文化についてわかりやすく書かれたもので・・実際に生活したいという思いが強くなったのを覚えています。(抜粋)

スポンサーリンク


その後河野さんは京都大学に進まれますが、4年生の時に休学して、奨学金でアメリカ留学をしました。

アメリカ以外の国からの留学生とも交流し、海外特派員になりたいと思うようになりました。

帰国子女のように、最初から映画に囲まれた環境にいた訳ではないのですね〜

英文法の参考書をての汚れでページが黒くなるまで使い込めと教師にいわれ、友だちと汚れを競ったとも書かれていました。。

努力して、今の英語力を身につけたのだなあ。。

関連記事:河野健治の経歴や出身は?妻や子供は?身長は? 

やっぱりステキです〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。