気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

いろいろ

ブラジル選手の乗った飛行機の墜落の原因は?電気系統?燃料不足?

ブラジルのサッカーチーム・シャペコエンセの選手の乗った飛行機が、コロンビアの山中に墜落したと報じられています!
不時着したという一部報道もありましたが、どうやら墜落が正しいようです。。
墜落の原因とは何なのでしょうか?

Sponsored by


生存者は?

墜落の原因は?


コロンビアの山中に墜落した飛行機には、81人のブラジルの一部リーグ・シャペコエンセのサッカー選手と乗員が搭乗していました。

南米のプロサッカーチーム国際大会『スダメリカーナ杯』で試合するために、チャーター機で移動途中でした!
2016年の今年初めて決勝に進出し、決勝戦で、アトレチコ・ナシオナルと対戦するためでした。

大会は、事故直後に決勝戦の延期を発表しています。

この決勝戦の勝者が、2016年ルヴァン杯王者の浦和レッズと2017年に対戦する予定でした。

さて、今回の墜落の原因については、まだはっきりとした発表はありません。

ですが、一部メディアより、燃料不足だったのではないかという憶測の報道がされています。。

また、NHKによると事故の原因について、電気系統に何らかの不具合があった可能性が高いというの見方があるようです。

また、NHKニュースによると、NHKでは、民間のホームページ「フライトレーダー24」で公開されたデータを確認したようです。

データには誤差があるという前提の上で、

選手たちを乗せた飛行機は、日本時間11月29日午前7時18分にボリビアのサンタクルスの空港を離陸。
そこから、コロンビアのメデジンの空港に向かいました。

離陸後は、順調に飛行し、ほぼ高度3万フィートをまっすぐ北西方向に飛行していました。

離陸から4時間余り経った日本時間午前11時半ごろから速度を落としながら降下。
ですが、高度2万1000フィートで、いったん水平飛行に戻り、旋回するように飛行。

ところが、午前11時46分ごろに高度を保ったまま速度が急激に下がりました。
その直後、今度は速度が急上昇。
そして、午前11時53分ごろには、速度、高度ともに急激に下がり、離陸からおよそ4時間半後の午前11時55分に航跡が途絶えました。(抜粋、編集)


どちらなのでしょう??
それとも、全く別の理由なのでしょうか?

生存者は


一報では、生存者は6名ということでしたが、NHKニュースによると「生存者は10名いる」という情報があります。

現地の病院の話では、10人が生存していて病院で手当を受けていることとのことです!

現地では、強い雨が降る中、地元の警察や消防隊員が生存者の捜索や救助活動を続けています。

関連記事:飛行機事故に遭ったシャペコエンセのJリーグ経験選手は誰?

祈るしかできませんが、一人でも多くの人が助かって欲しいです。

Sponsored Link

-いろいろ