吉良上野介の出身地は?儀式や典礼を教える役職の家系

12月は「忠臣蔵」の季節です!
忠臣蔵では敵役で知られる吉良上野介ですが、出身地はどこなのでしょう?
また、吉良上野介は、儀式や典礼を教える役職につく家系でした。どんな役職だったのでしょうか?
気になります〜

浅野内匠頭に斬りつけられた刃傷事件直後の上野介の様子が書かれた文書が新たに見つかりました!
歴史が発掘されるのって、おもしろいですよね〜
そこで、吉良上野介について調べてみました!

吉良上野介の出身地は


スポンサーリンク



吉良上野介(きら こうずけのすけ)は、実は東京出身という説があります!
江戸鍛冶橋の吉良邸で生まれました。

鍛冶橋は、江戸城の外濠外濠に架けられた橋でした。
今の丸の内駅の辺りです。

この辺りは、鍛冶屋がたくさん住んでいた地区だそうです。

ただ、他にも説があり、陣屋があった群馬県藤岡市白石の生まれとも言われています。。
陣屋とは、お城に替わる役所のようなものです。

吉良上野介像画像
吉良上野介は、吉良 義央(きら よしひさ/よしなか)のことで、江戸時代前期の高家旗本です。

生年月日は、1641年(寛永18年)9月2日。

父は、高家旗本・吉良義冬。
母は、酒井忠勝の姪でした。

兄弟は、弟が5人、妹が2人いました。

妻は、出羽米沢藩主・上杉綱勝の妹・三姫(後の富子)です。
結婚したのは、1658年(万治元年)4月でした。

上野介がイケメンだったので、三姫が見初めたという逸話もありますが、事実かどうかはわかっていません。

子どもは、2男4女でした。

スポンサーリンク



儀式や典礼を教える役職の家系


吉良家は、「高家」の家系でした。

高家は、重要な役職で、朝廷と幕府を取り持つ役目をしていました。
加えて、儀礼や典礼を指導する役目を果たす役職でもありました。

なので、大名達に次のようなことを教えていたのです。

●城中の儀礼のときの礼儀作法を教えること。
●勅使の接待を指導すること。

なぜ、こんな仕事が必要なのかというと、

江戸時代には、武家社会で格式や身分の秩序が、たいへん重要視されていました。
細かく決められていたようなので、教えてくれる人がいなければ、無作法とされてしまいますよね〜

こまかくきめられていたこととは、例えば、年中行事の服装、礼儀作法などです。

赤穂の殿様・浅野内匠頭は、吉良上野介に嫌みな指摘のされ方をして、怒ってしまったのかなあ?

実は、高家は石高は低いんです。
石高とは、収入のようなものですよね。

高家旗元である吉良上野介は、4200石。

最初数字を見たときは、びっくりして二度見してしまいましたww
一桁違うのでは??と思ったのでww

ちなみに、浅野内匠頭は5万石でした。

ですが、官位は、吉良上野介は『従四位上(じゅうしいのじょう』、浅野内匠頭は『従五位下(じゅうごいのげ)』でした。

石高は低くても、官位は上。。
複雑ですね〜

なので、大名達に指導した時には、謝礼を受けとることがありました。
これは、石高の低い高家旗本には、重要な収入源だったと言われています。

実は、高家は偉そうにしていても、懐は寂しかったのかもしれませんねww

関連記事:忠臣蔵の討ち入りの日にち(日付)は12月14日!赤穂事件の推移?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。