桂りょうばが父・枝雀の跡を継ぎ初高座!弟CUTTはミュージシャン

katuraryoba

桂りょうばさんが、2016年1月7日大阪・動楽亭で初の高座を果たしました。
桂りょうばさんは、亡き桂枝雀の長男です。

Sponsored by


桂枝雀について


桂りょうばさんのお父さんの枝雀さんも感慨深かったのではないかと思います。

子どもの頃から落語が好きだったりょうばさんに、「本当に落語がやりたいと思ったら高校生になったらおいで」と言っていたそうです。

桂りょうば画像

結局その時代には、りょうばさんの興味は落語が一番ではありませんでした。

枝雀さんの落語について、以前春風亭小朝さんが次のようにおっしゃっていました。
「普通落語は前の方の席のお客さんが笑っている。
でも、枝雀さんの落語は後ろの方の席から笑いが大波のように舞台に向かってうねっていく」

桂枝雀さんの高座です。



とにかく、枝雀さんは、落語会の怪物のような人、「爆笑王」と呼ばれた人でした。

亡くなった時には、落語に詳しくない私ですら、とっても悲しかったのを覚えています。

桂りょうばとは


桂りょうばさんは、桂枝雀さんの長男です。

本名は、前田一知(まえだ かずとも)さん。
生年月日は、1972年3月3日です。

学校卒業後ミュージシャンとしてバンド活動をしていました。
『グルグル映畫館』のドラマーでした。

これは、ぐっさんの番組に出演したときの映像です。
わかい!


このころテレビ出演の頃には、アマチュア落語家として、高座にあがっていました。

そしてついに、2015年8月から桂枝雀さんの弟弟子の桂ざこばさんに弟子入りしました。
カエルの子はカエルということなのでしょうか。

桂ざこばさんから「桂りょうば」という名前をもらいました。

そしてデビューとなったのです!!

CUTTとは


『CUTT』という名前で、桂りょうばさんの弟・前田一史(まえだ かずひと)さんはミュージシャンとして活躍しています。

ボーカルとギター、作詞作曲をしています。

音楽を始めたのは、お兄さん・桂りょうばさんの影響なのだそうです。
でも、CUTTさんは、落語をするつもりは今のところはなさそうです。

CUTTさんのバンド『shame』のファーストシングルの動画です。


兄弟揃って、自分の好きな道を進んでいるようですね。
それが、父である桂枝雀さんの教えだったのでしょうか。

新しい道を踏み出した桂りょうばさんには、大きなプレッシャーもかかるかもしれませんが、好きな道をきわめて行って欲しいです!

ドラム落語とかどうですか?
もうすでにそういう噺家さんはいるのかな??


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tabuchiakihiro
  2. badnicetuneda
  3. zigzagziggy-ikedamasaru
  4. otahirohisa-tuma
  5. arabikidan
  6. hagaren-ed
    • kazutomoさんファン
    • 2016年 1月13日

    『shame』メジャーデビュー時のドラムは、桂りょうば(kazutomo)さんですね〜。懐かしいです。

      • zatre
      • 2016年 1月13日

      kazutomoさんファンさん、コメントありがとうございます。
      なかなか無い転身の仕方ですよね〜。
      活躍期待したいですね^^

  1. この記事へのトラックバックはありません。