私、人生変わりましたの晴吉の生き方を変えたのはロックンロール!

フジテレビで放送の「ザ・ノンフィクション私、人生変わりました。」は、水戸のロックンロールで人生を変えた人たちの特集です!

社会からこぼれそうになった人たちが、ロックンロールを通して、社会と結びついていきます!

気になります〜

放送は、2016年12月11日でした。

ロックンロールチーム樋口裕行



スポンサーリンク




茨城県水戸は、ロックンロールが根付いている地域です。

ここで言うロックンロールとは、60年代頃のロックンロール音楽!

その音楽に合わせて、リーゼントで、スタジャンを着て、路上で踊る人たちがロックンローラーです。

水戸には、いくつもそのロックンローラーのチームがあります。

樋口さんは、その一つのチーム『Keep(キープ)』を率いています!

チームは、毎週金曜日定例の練習会があり、年功序列制!
入りたてのメンバーは、下働きをします。。

樋口さんの本業は、水道設備会社の社長さんです。

そこの社員も、高校へ行っていなくて、どうしようもない生活をしていた所を樋口さんに声をかけてもらい、さらに従業員になっていました!

面倒見が良いし、熱い男です!
樋口さん!!

そして、樋口さんの嫁のみゆきさんは、踊りの指導役。
さらに、樋口さん宅でのおもてなし料理も作ったり、大忙しです。

みゆきさんも、

不良の晴吉:チームに入りたて


16歳の晴吉は、学校にも、家庭にも居場所は無く、街の不良となっていました。

そんな晴吉に、街で樋口さんが「ロックンロールに興味はあるか?」と声をかけ、チームに入ることになりました。

チームに入れてもらっても、遅刻する晴吉とその仲間2名。。

全然緊張感無し。。

チームのバーベキュー会でも、本来なら下っ端は、先輩たちに声をかけたり世話を焼いたり、交流を深めなければいけないのに、仲間だけでおしゃべり。。。

樋口さんは基本は指示はしません。。
ですが、見かねて他のメンバーに声をかけるように促しました。。

晴吉たち、、若いから気が利かないねえ。。
そもそも、コミュニケーション下手なんでしょうけどね。

チームが福島県郡山へ遠征。
郡山のロックンローラーチームと交流し、『ロックンローラーで郡山を盛り上げよう』と踊りにいきました。

樋口さんは、何も言いませんが、できれば晴吉に踊りに参加して欲しかった。。

しかし、晴吉は踊らない・・理由は踊れないから。。
自分の殻を破るのは難しそうです。

スポンサーリンク




水戸黄門まつりのロックンローラー


ロックンローラーの晴れ舞台は、『水戸黄門まつり』です。

正式に参加はしていませんが、空いた場所で今まで踊ってきました。

2016年は正式参加したいと、まつりの会合へ樋口さんと水戸ロックンロールクラブの会長・柏ノブシゲさんが赴きますが、そう簡単ではなく正式参加は見送られました。

商店会会長の大橋さんから、「あんた達のわがままだ!」ときつくいわれてました。。
厳しいです。。

ちょっと頭硬いんじゃ無いの!って思ってしまいました。

ですが、樋口さんは、自分たちが若い頃悪かったことが尾を引いていると語りました。

そんなに悪かったのでしょうか・・w

そのため、ロックンローラーの悪い噂を振り払おうと地域のゴミ拾い活動に参加を続けています。

『水戸黄門まつり』の直前、なんと商店街の計らいで、踊るスペースを提供してもら浮ことができました。

なんと、商店会会長の大橋さんが、周囲の反対をなだめて尽力してくださったのです!

すごい良い人じゃん!!!

晴吉、発奮!


チームの定例練習会で、晴吉は手の動きを注意されました。

その後『水戸黄門まつり』で踊れることが決まり、晴吉は自主練を始めます。

ゴミ拾いも、仲間がさぼる中、晴吉だけ参加です!

晴吉に何が起こったのでしょう?

晴吉に訊いてみると、、、

高校の野球部だとスタメンしか指導してもらえない。
控えの選手は、スタメンを支えるだけだ。

でも、樋口さんは、スタメンだけじゃなく、自分のような新人にも指導してくれる!
そんなことは一度も無かった。。

なので、やりたいんだ!
とのこと!!

やっぱり人は認められたいんだなあ。
ようやく、自分の本音が言えた晴吉でした。

世間がどう言おうとも、まじめに生きていこうって思うってすばらしい!
って思わせてもらいました!

樋口さんは、昔は相当なワルだったそうです。
そこでしてしまった悪行??は取り返せないですが、晴吉のようなまじめで不器用な人を助けてあげることで、過去を償なっているのではないでしょうか。。

泣けた。。

関連記事:小川雅代は別府旅館竹乃井の女将!ザノンフィクションで紹介

関連記事:10年後のタクシードライバーの小松と小山!離散と死別

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. cupeemayo
  2. koizumisinjiro-kenkogoldmenkyo
  3. canyondazur
  4. nickolson-usmarine1
  5. hatorisinichi
コメントは利用できません。