ビデオアシスタントレフェリー(VAR)判定で鹿島がPK!動画!

videoassistantreferee

ビデオアシスタントレフェリーの判定で鹿島が先制得点の歴史的瞬間!!

いわゆるビデオ判定ということらしいのですが、ビデオアシスタントレフェリーって何??

歴史的瞬間の動画も見つけました〜
気になります〜

ビデオアシスタントレフェリーで初得点



スポンサーリンク




2016年12月14日FIFAクラブワールドカップ準決勝[鹿島アントラーズVSアトレティコ・ナシオナル]戦で初めて、ビデオアシスタントレフェリーの判定が採用されました!!

それによって、ペナルティエリア内で鹿島のニシが故意に倒されたとして、PK!!
アトレティコ・ナシオナルの選手は、きつねにつままれた様子でした!

中継放送席も大騒ぎ!!

Youtubeの動画を見つけました。消されてしまったら申し訳ありません。
ちなみに動画は無音です。。



ツイッターでアップしてくれた方もいました。
リンクさせていただきます。

⇒ ビデオアシスタントレフェリー歴史的瞬間動画

VAR導入は、アグレッシブなプレースタイルの選手には不利かもしれないですね〜


スポンサーリンク



FIFAでビデオアシスタントレフェリー導入


FIFA(国際サッカー連盟)は、今大会が始まる前から「FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016」でビデオアシスタントレフェリーを導入することを発表していました。

最近では、判定後に、疑問が投げかけれるようなプレーが多くなって来ています。
審判だけでは、公平な判断が難しくなっていますよね。

そこで、『試合が変わるような』状況においてレフェリーを手助けするため、ビデオアシスタントレフェリーを導入することにしました。

ビデオアシスタントレフェリーとは、ビデオ解析室で得た情報をピッチ上の審判に与えることです。

ビデオアシスタントレフェリー画像

『試合が変わるような』状況とは、ゴール判定、ペナルティーエリア内での判定、一発レッドカードなどのことを指します。

ただ、サッカーは『ジェントルマンズ・アグリーメント』を元に、審判の判断で試合が進められてきました。

それについては、FIFAの審判委員会責任者のマッシモ・ブサッカさんは、
「ゴールラインテクノロジーなど、ビデオアシスタントレフェリー制度は審判に追加的な手助けをしてくれる」
と述べました。

ですから、今までの試合の流れの補助として導入され、「審判の判断が尊重されることに変わりはない」としています。

できるだけ公平な判断がなされるのは、嬉しいことです!
試合後のもやもやが減りますよね。。

あばれる人も少なくなるかな〜

関連記事:ジャニーシカズはクラブW杯決勝で誤審した?その理由や海外の反応

関連記事:曽ヶ端準の嫁や子供は?経歴や出身高校が気になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. harasusumu-keireki
  2. ogatamisaki
  3. hiranoseiji-mrrugby
  4. hattorisakura
  5. onidukashota-tokaidai
コメントは利用できません。