奥歯が痛いのに虫歯じゃない!?歯根膜炎かも?冬に多い!

おとといの朝、
歯が痛くて目が覚めました!

ずきずきするし、
食事もできません。。

虫歯だと思って歯医者にいくと、
虫歯じゃなかった!

それは、歯根膜炎でした!

今日は、
近所の人と芋煮会だったのに、
心から楽しめませんでした(泣)

歯が痛いの辛いです〜

スポンサーリンク



筆者の歯根膜炎症状


早朝に、歯が痛ーいと思って目が覚めました。
ずきずきするし、どうしたら良いのだろうと思いつつ、また寝てしまいましたww

また起きたら、あの痛みは一体なんだったんだろうと思うくらい痛みが無くなっていました。

朝食も特に痛くなることもなく食べました。

ですが、食後にお茶を飲んだとたん、ずきーーーんと痛みがわき上がってきました!
左下の奥歯です!

虫歯で処置していて、詰め物がしてあるので、その下で虫歯になっているのではないかと恐怖におそわれました。。

でも、10分ほどで痛みは引きました。

うーーん、知覚過敏だったのかなあ?
なんて考えていて、ずーーと忘れていたのですが、

歯イメージ画像
昼食の時、食べ始めて少ししたら、また痛みが始まりました。。

えーーーん、やっぱり左下の奥歯が痛い!

もうこれはダメだと思い、歯医者さんに予約を入れました。
2日後の夕方・・・。

またも痛みは引きましたが、絶対また痛みはやって来る!
これは、痛み止めを飲むしか無い!

そこで、家にあった痛み止めを準備し、痛みが始まった時に飲めるようにしておきました。

その後、痛くなったり、治ったりを繰り返しました。

次の日になると、なぜか左の上の奥歯が痛い!
うそでしょーーーーう!!?

本当は上の歯が虫歯だったのか!?

早く歯医者の時間になってくれ〜
と思いつつ、1日が過ぎました。

歯医者の日、午前中から近所の友人達と芋煮会があったので、出かける前に痛み止めを服用し、いそいそと出かけました。

しばらくすると、また痛くなってきました。

せっかくの美味しいものを前にして、楽しみ切れない(泣)

ようやく歯医者の時間になり、勇んで行きました!

そこでいわれたのが、『歯根膜炎』です!

歯根膜とは、歯を支える歯槽骨と歯の間にあってクッションの役割をしている線維のことです。
歯の根っこを膜のように覆っている組織なのだそうです。

歯を食いしばると、その歯根膜に過度な負担がかかり炎症が起こるのです!
かかりつけの歯医者では、冬に多いとおっしゃていました。

寒くなると「寒いーーーっ」と言って食いしばるのかも??
と歯科衛生士さんが言っていました。。

歯医者さん曰く、普通は自然に治るとのこと。

ですが、私の場合、刺激が無い時にも起きているから重症だそう。


スポンサーリンク




歯根膜炎の対処法


これ以上の圧力を奥歯に加えないように、歯に下駄のようなものを履かせることになりました。

その場で、犬歯にかぶせるような塊を作ります。

それをつけていると、下の歯と上の歯の間に隙間ができるし、奥歯を使えません。

痛みが治まるまでは、寝ているときは必ず、起きているときは2,3日はできるだけ着けておくことになりました。

ただ、あくまでも短期間の処置です。

長く着けていると、犬歯に負担がかかるので、良くないそうです。

私の場合、細菌が入って腫れている訳ではないので、とにかく歯を食いしばらないようにすることが一番の対処法のようです。

ネットで調べてみると、細菌が入り込んでしまって、膿が出てくるような歯根膜炎もあるようです。

歯根膜炎の症状は、虫歯の痛みのような症状がでるので、歯医者さんに診断していただくことが大切だと思いました。

この後どうなったのかは、追記します〜

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。