木下威征はヤンキーだった!経歴や出身地は?妻や子供はいる?

木下威征さんは、
フレンチレストランのオーナーシェフです!

ご自身の様々な体験をオープンに語っています。

中学、高校は、
いわゆるヤンキーだったとか。

熱く人生を生きている木下さんの経歴や出身地が気になります!

妻や子供はいる??

調べてみました〜

木下さんは、
ご自身ではガキ大将みたいなもので、
それほどのワルではなかったとおっしゃっていますww

自分からケンカを売ることも無かったとか。。

すべて売られたケンカを買っていて・・
そして勝っていたのでしょうww

かなり大きな組織を束ねていたようです!
怖〜!

スポンサーリンク



木下威征の経歴や出身地


木下威征(きのした たけまさ)さんが、料理の世界に入ったのは、本当に偶然だったようです。

将来を何も決められない状況の木下さんに、ある先輩が「本を読め」とアドバイスしました。
そんなことするかと思って雑誌を開くと、料理学校「エコール辻東京」の生徒募集の広告が目に飛び込んできました。

木下さんは、仲間と友人の家で溜まっていた時に、おなかがすいたので、ご飯とその場にあった調味料でチャーハンを作ったことがありました。
その時、仲間達から「おいしい」と絶賛されたことがあり、それが嬉しかったことも心に刷り込まれていたのかもしれないですね〜


木下威征画像

さて、木下威征さんの出身地は、東京都多摩市です。

多摩市は東京都の南の方の市です。
多摩市は、「揺れに強い東京の街ランキング」で、なんと1位となっているそうです!

そして、お父さん、お母さん、妹と4人家族として育ちました。

出身の中学や高校は、わかりませんでした。

高校卒業後は、前述した通り、料理専門学校の辻調グループ『エコール辻東京』に入学しました。

中高で、ほとんど勉強していないし、料理についても全くの白紙だった木下さんにとっては、学校での勉強はとても大変だったようです。

それでも、バイトしながら料理の勉強をしている級友を見たり、先生に助けてもらったりして、首席で卒業しました。

さらに、成績上位者のみが行けるというフランス留学の切符を獲得しました。

フランスの料理学校でも、成績上位者のみが経験できるフランスのレストランでの修行をすることができました。

精神的に、とっても強い人なんですね。。

フランスのレストランでは、人種差別に遭いましたが、ヤンキー仕込みの負けん気で、実力を認めてもらいました。

帰国後は、池袋の老舗レストランでまた修行。

その後「AUX BACCHANALES / オーバカナル」に引き抜かれて5年、

次は、9年間、白金台お「MAURESQUE / モレスク」で料理長をしました。

2008年に「AU GAMIN DE TOKIO / オー・ギャマン・ド・トキオ」を開店。

店名を直訳すると「東京のいたずら小僧という意味になります。


スポンサーリンク




妻や子供はいる?


結婚したのは、池袋の老舗レストランの時代です。

ラッキーなことに、老舗レストランで結婚式を挙げさせて持ったそうです。

ところが、子供ができたため、稼ぎを多くしないといけない状況になりました。

そこで、新しくできるレストラン「オーバカナル」に料理長ととして務めることになりました!

正確な年月はわかりませんが、20代半ばには結婚していたことになりますね〜

若くして結婚したのですね!

家族のおかげで、木下さんの今がある!
すてきです!

関連記事:高橋拓児は京都大学出身!経歴は?妻や子どもは?

関連記事:きじまりゅうたの経歴!おねえと噂!母や嫁が気になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。