三浦九段の疑惑は証拠無し!冤罪の賠償金はどうなる?

miurakudan

将棋の三浦九段(三浦弘行)さんの名人戦でのソフト使用疑惑は証拠無しでした!
日本将棋連盟第三者調査委員会記者会見で発表されました。

一方で、竜王戦への出場停止処分は妥当とされています。。
結局冤罪でした。。

賠償金や慰謝料などの補償はあるのでしょうか?


三浦九段に不正の証拠無し


スポンサーリンク



三浦弘行さんの不正疑惑は、将棋界だけでなく、世間一般でも話題になりました。。

名人戦A級順位戦で対局した渡辺明竜王が、三浦九段をスマホの将棋アプリで指し手を決めているのではないかと告発したからです。

また、将棋アプリがいくら精度が上がっているとはいえ、将棋界の頂上決戦に近い対局の指し手を決められるのかということも話題になりました!

将棋については、あまり知識が無い筆者でさえ、
最先端のAIならともかく、スマホのソフトで名人戦の対局で勝ち進んでしまうというのは、どこまで進歩しているのかと驚愕しました〜


2016年12月26日に開かれた日本将棋連盟第三者調査委員会記者会見では、超簡単に言えば、三浦棋士の不正の確認はできなかった・・

すなわち、三浦九段は無罪!ということでした。

三浦九段画像

調査委員会の調査結果として、発表されたのは次の通り。

●不正の根拠とされていた一致率が分析ごとにばらつく指標であり、不正の根拠とはならないことなどが判明した

●三浦九段からスマートフォンやパソコンの提出を受けて電子機器の解析も行ったが、不正行為をうかがわせる痕跡は確認されなかった

結局何も無かったじゃん!という感じですね。。

ひどい話だ!!

ですが、将棋連盟が、三浦九段に竜王戦の出場停止処分をしたことについて、

「不正行為疑惑が解消されないという非常事態における措置として、当時の判断としてはやむを得なかったものであると判断した」

と、しょうがなかったと結論づけています。

本当にしょうがなかったのでしょうか?

ちなみに、日本将棋連盟第三者調査委員会のメンバーは、次の通りです。

●委員長 但木敬一弁護士(元検事総長)
●永井敏雄(元大阪高裁長官)
●奈良道博(元第一東京弁護士会会長)

司法のエキスパートですね。

スポンサーリンク



冤罪の賠償金はどうなる?


晴れて無罪となった三浦九段ですが、今後どうするのでしょうか?

まずは、この騒動が無ければ、三浦九段は竜王戦に挑戦できたのですから、その対局料を賠償金として日本将棋連盟に請求できるのではないかと思います。

対局料は1690万円です。

また疑惑に振り回され、汚名を着せられたのですから、慰謝料も請求できるのではないでしょうか?

さらに、告発した渡辺明竜王にも慰謝料請求をすることも可能ですよね。。

嫌な見方をすれば、名人戦A級順位戦で負けてしまった渡辺明竜王が、いちゃもんつけて三浦九段との対戦を回避したと考えられなくもありません。。

渡辺竜王が、そうじゃないと主張しても、全く無いとは言えないんじゃない!?と言いたくなりますが。。

今後のことを考えて我慢せずに、最低限のけじめは、日本将棋連盟につけてもらっても良いのではないでしょうか?

関連記事:三浦弘行の経歴や出身高校は?結婚は妻に我慢?

関連記事:将棋の渡辺竜王はダウン症?経歴や嫁(画像)!ブログが炎上とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. wachiraroncon-oji
  2. carrypamyupamyu
  3. akisinonomiya-kuruma
  4. simotorinaoyuki
  5. williamsshokogun-image
コメントは利用できません。