SMAPSMAP世界に一つだけの花の振り付けの意味は?

SMAP×SMAP最後の歌「世界に一つだけの花」の振り付けが話題になっています。
大きく手だけがクローズアップされていました。
いろんな意味が考えられます。
意味が無いはずが無いよね。。
勝手に綴ります。。

スマスマ最終回の2016年12月26日月曜日。

スマスマ総集編として、1996年4月15日からの思い出を時系列で紹介してくれました。

スマスマ最終回を見て


スポンサーリンク



始まった当初、SMAPが若い!
しかも6人!

昔を見ると、物理的に、SMAPが変容していっているのがわかりました。

ビストロSMAPでは、まだみんな料理がうまくできないしww

それより、一生懸命粋がっている感じがします。

俺たちやってやるぜ!

って感じで粋がってる!ww

一生懸命アイドルやってましたねw

今だから、そう思うけど、その時にはそんな風には思わなかった。。

数々のキャラクターや、大勢のゲスト、
そしてSMAPとしての節目となった森くんの脱退、
吾郎ちゃん、剛くんの不祥事。。

それすらも、すべて紹介していました!

森くんは戻って来ないのがわかっていたけど、

吾郎ちゃんと剛くんは、謹慎期間を経て、ちゃんと戻って来てくれました。

そして、他のメンバーも笑顔で迎え入れていました。

それが、SMAPだったのに。。。

そもそもビジネスパートナーとして、相手を認め合っていたSMAPのメンバーは、仲良しこよしのお友達グループとは違いますよね。

大人として、プロとして、お互いを見ていたのだと思います。

変にわちゃわちゃしないかっこ良さ!
クールでした!!

内面は熱い男達なんだけどww

そのクールで内面ホットな関係が続けられないって、相当に強い思いがあったのでしょう。。

表面上仲良しを演じていても、ファンにはわかってしまうし、
それをいろいろ言われたくなかったはず。。

とにかくストップしたかったのですね。。

立ち止まらなければ、考えられないほどの大きなことだったのだから、しかたないですね。。

でも悲しい。。


スポンサーリンク



世界に一つだけの花の振り付けの意味


世界に一つだけの花の最後の振り付け。。

手がクローズアップされ、

5本、4本、3本、2本、1本、0

と指が折られていき、最後にまた5本になりました!


中居の手画像


これの意味はいろんな人が書いています。

勝手な解釈ですが、

やっぱり「5」の数字はSMAPですよ!

減っていくけど、やっぱり最後はSMAP!!

もしかして、いつかまた、、という希望を残してくれたのかなあ。

あの手は中居くんだと思いますが、
言葉にはしないけど、メンバーへのメッセージなのかも。。

歌い終えた時、誰もがすっきりした表情はしていなかった。
・・ように見えました。。

わだかまりがあったって、SMAPとして生きて来た歴史は消えないし、
SMAPあっての自分なのですから。。

最後の最後で、ただやめたいという気持ちの中に、SMAPを思う気持ちがわいて来たのかもしれない。。

無くなってみて、はじめてわかるってことは、一般的によくありますよね。

それに近い感情が芽生えたとしても不思議ではありません。

まあ、人によっては、歌い終わった後には、木村くんと中居くん以外は安堵したように見えた人もいるようですが。。

中居くんの振り付けは、いつかまたって意味が入っていると絶対思います!

数年経って、気持ちが落ち着いたら、今のこの時点の心境を冷静に語ってくれるのではないかなと思っています。

そして、できれば、SMAP5人で思い出話として、今の気持ちを話して欲しい!

そんな日が来ることを願っています!


関連記事:スマスマ最終回のSoftBankのCM!サヨナラじゃ、ないよな?動画

関連記事:SMAP5人旅で泊まった向陽閣の部屋はどこ?貸し切り風呂は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。