原晋の名言や講演料は?青山学院大学陸上部監督

原晋さんは、
大学駅伝界に新風を巻き起こしている
青山学院大学・陸上部監督です。

今までの陸上の根性論ではなく、
明るく楽しい陸上を目指しています!

迷っている時、
落ち込んだ時に原晋さんの言葉は、
心に染み渡ります。

陸上競技は、
ライバルとの戦いが前面に出てきますが、
自分との戦いが7割なのではないでしょうか。

マラソンでも、
短距離走でも、
「ゴールした」と思った瞬間にからだが動かなくなると、
以前ちびっこかけっこ教室の先生が言っていました。

なので、
ゴールは、
ゴールラインの10m先と考えるのだそうです。

きっと自分の心との戦いが陸上競技なんですね・・

原晋さんの名言を集めてみました!

スポンサーリンク



原晋の講演料は


原晋(はら すすむ)さんの言葉を直接聞いてみたいですよね〜

原さんは、
「言葉が豊かな人」を選手のリクルーティングで重要視しています。

「言葉が豊か」というのは、
「将来の目標を自分の言葉で表現豊かに語る」ということなのだそうです!

なので、
選手への指導にも、
言葉を大切にしています。

励まされたい!!!


原晋画像


ところで、
原晋さんに講演を頼みたい場合は、
以下のサイトから頼めるようですよ。

⇒ Speakers.jp「原晋ページ」


当然ですが、箱根駅伝の話も交えてくださるでしょう!!?


このサイトでは、
原晋さんの講演料については、
「応相談」となっていました。

別サイトによると、
2時間で100万位が目安になるそうです。

簡単に頼める金額ではないですね・・

ただ、「応相談」ですから、
話を聞く人たち、
例えば高校の生徒向けの講演となると、
もう少し安くしてくれる可能性もあります。

当たって砕けろですね!

ただ、
遠方の場合は、
交通費や宿泊費などについても、
考えておいた方が良いですね!

せっかくステキな話を聞けるのですから、
事務的なことで嫌な思いをしないように注意が必要です!

スポンサーリンク



原晋の名言


たくさんたくさん原さんの名言があるんですよね〜

まず、金スマに原さんが出演されたときの言葉です。

*************

「人は暗い所から力は出ない。すべては明るさから始まる」

*************

そう簡単に自分の性格を明るくすることは、できませんが、言動を明るくすることはできますよね。

そして次の言葉は、子育てに通じますね〜

************

「選手自ら『ああしたい』『こうしたい』と発信することで自立心が生まれ、壁にぶちあたっても「できる理屈」で解決できるようになる」

************

これって、最近よく言われる「生きる力」を育むためにも大切ですよね。
子供が、社会に出て「生き残っていく力」を着けさせるのが、親や学校の教育です。


次の言葉も、耳が痛い!!

*************

「自己ベストを出したらしっかり評価してあげることも重要です。もし、その子がやる気を失い、チームの一員として機能しなくなると、チームの足を引っ張るようなケースも出てきます」

*************

「評価してあげる」って、忘れがちな気がします。
ついつい評価する前に、次の目標を提示してしまいがちです。


次も同じことですね。。

*************

「多くの指導者は『その程度で満足するな。全然話にならないぞ!』と言ってしまう。

私は、

「おお、よかった。それは自己ベストじゃないか。じゃあ、もうちょっと頑張って次は40秒だね」とか、

「もう一回その自己ベストで走ろうじゃないか」と声をかけるようにしています。

するとまたジャンプアップしていき、気がついたら目標に届くというところまで到達しています」


*************

認めてあげられるのは、指導者の心の余裕が必要なんだなと思いました。
そうでなければ、指導者の目標ばかりを追いかけてしまいますよね。

「その程度で満足するな」は、指導者が目標に達しておらず、あせっている現れにも受けとれます。。

************

「その数字にたどり着けないとき、阻害要因がある場合には、なぜそれが起こるのか、いつになったら乗り越えられるのかを伝えますね。それらを伝えるのが管理職の役割だと思います」

************

具体的なアドバイスですね〜
これって、指導者が指導する内容を理解していないと無理ですよね。
それも、何となく経験で・・というより、データに基づいているとさらに説得力が増しますよね。

次は具体的な目標の大切さですね〜

「伸びる選手は「妄想」を抱いていない。目標と妄想は違います。目標は手の届く「半歩先」に置き、それを目指して練習する、その繰り返しだと思います」

目標の置き方もさることながら、繰り返すことの大切さもありますね。
それは、次の言葉にも通じています。

「勝つためには泥くさいことを積み重ねていかなければならない」

無駄なような「泥臭いこと」でも愚直に続けていく。。
大切だ〜!

他にもまだまだあるのですが、今の自分にとってありがたかった名言を取り上げてみました。

亡くなった平尾誠二さんに通じるものがあると思いました。

関連記事:平尾誠二の名言!嫁は元モデルで画像あり!息子は?

関連記事:原晋が嫌いとは?嫁は同志で子供はいる?経歴に中部電力

原さんの言葉、今後も要チェックですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。