原晋が嫌いとは?嫁は同志で子供はいる?経歴に中部電力

原晋さんは、
サラリーマン経験を経て、
青山学院大学の陸上部監督なった方です。

勤めていた中部電力を辞め、
どうなるかわからない仕事に飛び込みました!

それを支えてくれたのが、
お嫁さんです!

異例の経歴を持つ原さんは嫌われている??

気になります〜

スポンサーリンク




原晋の嫁や子供



原晋さんが、嫌いって言う人がいるらしいです。。

どうやら原さんの明るく楽しく駅伝するのが、
気に入らないらしい。

ストイックな『駅伝道』みたいなのが、
お好みなのかも。

確かに「苦しみを乗り越えて」って美談になります。。
それはそれで、がんばったなあと思います。

でも、
監督は結果を出さなければいけないのですから、
より効率的に選手の実力を上げる方法を考えないといけない・・


それが、原さんにとっては、
『明るさ』だったのでは??

海外の陸上選手をみると、案外チャラいですよねwww

さて、
原晋さんのお嫁さんは、美穂さん!


原美穂画像


原さんは、
青山学院大学の陸上部監督を引き受けた時に、
退路を断つため中部電力を退社しました。

その時、
美穂さんは、
原さんが会社を辞めることを、
ゆるーく反対したそうです。

ですが、結局夫についていきました。

実は、
そのゆるーく反対した理由は、
原晋さんが自分の決意をはっきりさせるためだったとか。。

夫に負けるとも劣らない巧みなコーチングですねww

原さんが、
青学の監督に就任した後は、
青山学院大学田寮の寮母さんになっています。

今では、
夫の原さんだけでなく、
美穂さんが選手の心のよりどころになっているとか!

ところで、
原さん夫妻が結婚したのは、
1995年です。

同級生ですから、
2人とも27~28歳位で結婚したことになりますね。

長い時間一緒にいますから、
美穂さんは原晋さんのことを熟知していそうですね。

2人の子どもは、
どうやらいないようです。

原監督も、
美穂さんも、
寮生を子どものように思っているのではないでしょうか!

スポンサーリンク



経歴と中部電力


原晋(はら すすむ)さんは、
広島県三原市糸崎町出身です。

生年月日は1967年3月8日です。

子供の頃から活発な少年で、
小学校時代も運動は何でも得意でした。

ところが、
小学校4年生の頃、
事故で足を骨折し入院してしまいます。

この骨折後のリハビリを兼ねて、
原さんは、ジョギングを始めました。

これが、
原さんと陸上競技との出会いではないかと言われています。


原晋画像


中学から陸上部に所属。
中学1年の時、
校内マラソンで1位になりました。

高校は、陸上で有名な世羅高校へ進学。
1984年、
高3年の時の主将として全国高校駅伝2位になりました。

大学は、中京大学に進学!

大学3年の時に、日本インカレ5000メートル3位!

そして、
1989年 中国電力に入社。
中国電力陸上競技部1期生として部創設に参加。

1993年には主将として全日本実業団駅伝初出場。

しかし1年目に故障、

5年目の1995年、27歳で引退しました。

その後中国電力で、
サラリーマンとして営業に邁進します!

支店の山口県徳山市(現・周南市)の営業所に配属されました。

そこで『伝説の営業マン』となる武勇伝を作ります。

省エネ空調設備「エコアイス」で、売り上げナンバー1になりました!

2004年、後輩の誘いで、青山学院大学の陸上部の監督に就任します。

その後は、紆余曲折ありながらも、周知の成績を上げています!

原さん自身が、栄光を手にしたり、挫折したり、いろいろな経験をしていることが、青学陸上部での指導にすべて活きているのですね〜

関連記事:原晋の名言や講演料は?青山学院大学陸上部監督

見習いたいです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。