ゲスの極み乙女。テレビ朝日の関ジャムに出演!曲作りレポート!

世間をいろいろな意味で騒がせているゲスの極み乙女。が、テレビ朝日の『関ジャム』に出演しました!

そこでなんとリアルに曲作りを披露してくれました!
最高!

2016年1月10日テレビ朝日の『関ジャム』で、
関ジャニからゲスの極み乙女の川谷絵音さんが、
「ワンフレーズ」とお願いされ、曲を作ることになりました。

ゲスの極み乙女。の曲作り



スポンサーリンク




もう最高でした!!

出されたお題は、

深夜12時。
渋谷。
牛丼屋にひとりの女。


川谷絵音(ボーカル・ギター)さんは、8分くらいで作詞。
世間を騒がせているスマホのメモ帳に書くそうです^^;

そのあと、川谷絵音さんがコードを決めると、ちゃんMARIさん(キーボード)がコードをホワイトボードに書き出す。

その間、ほな・いこかさん(ドラム)と休日課長さん(ベース)は、成り行きを見守る。

Aメロ、Bメロ、サビが決まると、一気にそれぞれのパートが動きだし、
たった30分余りで1曲できちゃいました!!!

関ジャム−ゲスの極み乙女画像
その曲のタイトルは『牛丼音頭』?『透明にならなくちゃ』?

次回作(アルバム?)に採用すると、川谷さんが約束してました。

それにしても、曲を作っている時には、それ以外の無駄なことは一切無し。

川谷絵音さんの指示のもと、それぞれのパートでメンバーそれぞれが肉付けして、一気にまとめあげる!

あの川谷絵音さんの曲への集中力は、そりゃまあ惚れちゃうかもね…

スポンサーリンク




私しか私じゃないのをコラボ


コラボコーナーでは、関ジャニ∞の丸山隆平(まるやま りゅうへい)さんと安田章大(やすだ しょうた)さんが、ゲスの極み乙女。に参加。

ベース(丸山くん)は全く同じフレーズを弾くということで緊張していました。

ギターの安田くんは、いつもと違う奏法なので難しいと言っていました。

本番は、2人とも歌って演奏していて、すごいです!
難しいと言っていたのに、さすがですね!

今回ベース(ギターも?)は同じフレーズを弾くことになりましたが、これは川谷絵音さんのこだわりなのかもって思ってしまいました。

完成形のアレンジをしているので、別のアレンジは嫌だったのではないでしょうか?
音楽に関しては、完璧主義っぽいし。

番組の最後では「両成敗でいいじゃない」をゲスの極み乙女。が演奏しました。


いろんな憶測が飛んでいますが、やっぱりゲス極は、すごいです!

アーティストに良い人を求めてはいけないのかもしれないと思いました^^;

いわゆるゲス騒動の記事です〜

関連記事:ゲスの極み乙女。川谷絵音は結婚してた?ベッキーと交際?

ユニコーンは同じように曲作りを関ジャムで曲作りしました。
作り方が、
ゲスの極みと全然違うので、
おもしろかったです!

関連記事:ユニコーンが関ジャムで即興曲作り!レポート!タイトル「かきまZ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。