水木しげると探偵ナイトスクープがお別れ会に!少年と鬼太郎!

2015年12月25日の「探偵ナイトスクープ」の放送では『鬼太郎少年』というコーナーがありました!
お笑い芸人の麒麟の田村裕さんが探偵となったコーナーでした。
ここでは、その当時7歳と8歳の水木しげるの大ファンの少年2人が登場しました。

楽しく水木ワールドについて語り合っていた2人ですが、なんとロケの当日に水木しげるさんが他界されたのです!
なので、2人にとって水木しげるさんとの『お別れ会』になってしまいました!

探偵ナイトスクープで水木しげるファンを引き合わせる



スポンサーリンク




話の発端は、高知県在住の主婦のお願い投稿でした!

『ゲゲゲの鬼太郎』の大ファンの7歳の息子さんについてのお願いでした。

息子さんの友だちには鬼太郎ファンがいないこと。
そして、自分では、息子の鬼太郎話の相手になるには、知識が乏しいこと。


このため、息子さんと同年代の鬼太郎ファンを見つけて欲しいとのことでした。

麒麟の田村さんは、依頼主が住む高知県の自宅で、まずお母さんに息子さんがなぜ鬼太郎にはまったのかを情報収集!

その理由は、

息子さんのお父さん(つまり夫)が当時流行っていた妖怪ウォッチの動画をYoutubeで観ていた。
すると関連動画でゲゲゲの鬼太郎が出てきた。
父(つまり夫)が、懐かしく鬼太郎の動画を観ていたら、一緒に観ていた息子がハマってしまった。

ということでした。

その息子さんの愛称は、トッキーくん!

おばあちゃんが作ってくれたという鬼太郎のチャンチャンコを着たトッキーくんと、麒麟の田村さんは家の2階で合いました。

部屋の中には鬼太郎グッズがたくさん並べられていました!

しかも、初代鬼太郎の漫画もありました!!
すごい!!

ご家族が、トッキーくんのために尽力したのがわかります〜

壁にはトッキーくんがが描いた鬼太郎の絵があちこちに貼られていました!!

本当に大好きなんですね〜


スポンサーリンク



同年代の鬼太郎ファンと会う


トッキーくんと同年代の鬼太郎ファンは、広島にいました!

その名は、レイくん。


探偵ナイトスクープ鬼太郎少年画像

(北川文彦さんツイッターより)



遭った当初は、お互い恥ずかしそうにしていたのですが、自分が描いた鬼太郎や妖怪の絵をお互いに見せ合っているうちに話が盛り上がってきました!!

すっかり仲良くなった2人は、寝転んで鬼太郎の漫画を読みながら、

水木さんの描いた街並みがきれい。。
凄いリアルな絵。。。

と、鬼太郎を賛美していました!!

水木しげるが他界したことを知る


実は、その収録の当日、水木しげるさんがお亡くなりになりました。

心底楽しんでいるトッキーくんとレイくんにいうべきか悩む田村さんでしたが、意を決して伝えることにしました。

「楽しい時間を過ごせたんですけど、お知らせしなければいけない事がありまして。
今日のお昼にお二人の尊敬する水木先生が他界されてしまいました。」

このように田村さんは2人に告げました。。

すると、トッキーくんは、少しづつ状況を飲み込み、涙を手でぬぐいました。

レイくんは、トッキーくんを見つめていましたが、「言葉が出ないくらい悲しい」と気持ちを絞り出しました。

水木先生がもう少し長生きされていたら、2人が水木先生にお会いするという企画もあり得たと思います。
水木先生にお会いして、大喜びしている2人を見てみたかったです。。

水木先生は、あっけなく旅立ってしまいましたよね。
絶対に100歳以上生きていく方だと思っていたので、本当に残念でした。

水木さんのひょうひょうとして、ユーモアがあって、愛情豊かなお話が私も好きでした!

この2人の子どもたちは、鬼太郎スピリットを受け継いでいってもらいたいと思います!

関連記事:水木しげるお別れ会:祭壇横には鬼太郎!胸には目玉オヤジが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。