天下り早稲田大学教授の名前は吉田大輔!経歴は?

文部科学省から早稲田大学教授に天下りしたのは、
吉田大輔さんでした!

報道されてから、
文部科学省の事務次官が辞任〜
吉田教授が辞任するまでが、
なぜかとてもスピーディー!!

どんなことをしてもこの問題を大事にしたくない
という強い力が働いたのかな?という印象がありました。。

ところで、
吉田教授はとても優秀な方なのだと思います。
そうでなければ、
中央官庁で出世はできないですよね〜

吉田さんの経歴や学歴が気になるので、調べてみました〜

スポンサーリンク



吉田大輔の経歴


早稲田大学の教授って、ものすごいステータスが高いですよね!

そもそも大学教授といえば、わー、すごい!!って私なんかはなってしまいます。
その中でも早稲田大学といえば、明治以降の日本を創った学校の一つと言ってもいいくらいの超名門校!!

そんな簡単に早稲田大学の教授になることはできないはずです。。
正攻法では。。

吉田大輔画像

さて、吉田大輔さんは、1979年文部省に入省しました。

順調に出世されて、
文化庁次官、
研究振興局長を経て、
2014年に高等教育局局長に就任しました。

そして、2015年に文科省・高等局長を退任。
その後早稲田大学の教授となりました。

世間では、定年後どうしようかと頭を悩ます人も多いのに、うらやましい限りですww

高等教育局長に就任されたときのインタビュー記事を見つけたので、興味がある方は、ご覧下さい。

大学改革に携わっていらしたようですが、たった1年で退任ですか。。
スピーディーさが求められるとおっしゃっているので、1年間様々な改革をされたのでしょう。

スペシャルインタビュー「吉田大輔局長」

そして、吉田さんの出身大学は、京都大学法学部です。。

天下りというと、封建的な東京大学なのかと思っていたので、京大出身とは意外です。。
どちらかというと、官僚的なものに反発している気骨のある大学かと思っていましたが。。
そうでもないんですね。。

ちなみに、出身地は、熊本県です。
クマモンは、熊本の復興のために必死にがんばっているのになあ。。

吉田さんの専門分野は、専門分野は高等教育政策、著作権制度。

文科省で今まで培ったものを、学生に伝えてあげられるのはいいですね〜
ご自分の仕事に誇りを持っていらしたはずですから、正当なルートだったら、
学生の将来にも役立ったのではないかと思います。

スポンサーリンク



文科省から天下り


この天下り問題が明らかになったのは、内閣府の再就職等監視委員会が、調査を行い認定したからです。

吉田さんが早稲田大学の教授として再就職のための手続きを当時の人事課職員が、当時の人事課長に報告をした上で行なっていました。

再就職のための手続きとは、吉田さんの履歴書を大学に提出し、採用面談を取り付けるというような事務的なことです。

それを、再就職等監視委員会が、国家公務員法違反の再就職のあっせんにあたると認定したのです。

しかも、昨年再就職等監視委員会から説明を求められた時に、現在の人事課長や別の職員がウソの説明をして、違反行為を隠ぺいしたそうです。

他にも9件の違反行為が認定。

さらに、辞任されましたが前川事務次官は、利害関係のある法人に、直接連絡するという違法行為に関与したのだそうです。。

現在の人事課長や職員の方も運が悪いですね〜
トップからの指示では逆らうわけにはいかないですものね・・

ですが、国民ファーストという気概があれば、こんなことは起こらなかったのでは??

この国の行く末はどうなるのでしょう??
がんばって欲しいです!

関連記事:嶋貫和男の略歴や天下りした保険会社は?月2日で1千万円の報酬?

関連記事:恩田陸の経歴や大学、出身は?結婚や家族が気になる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。