古川誠一は足立区の格闘技ボクシングジム会長!妻や子どもは?

古川誠一さんは、ザ・ノンフィクションで紹介されたKrush!チャンピオン武居由樹(ヨシキ)さんを育てた方です!

古川さんがいなければ、ヨシキさんのリング上での活躍を見ることは無かったかもしれません!
それどころか、ヨシキさんとお母さんは、既にこの世にはいなかったかもしれません。。

そんな恩人と呼べる人が、古川誠一さんなんですよね!
世の中には、すばらしい人がいるものです!

そんな古川誠一さんについて調べてみました〜

古川誠一の経歴


最初に古川さんが、「ザ・ノンフィクション」で紹介されたのは、2014年のことでした。
その4年前に古川さんは、42歳だったので、1968年生まれかな??

ベビーブームよりちょっと前世代ですかw

古川さんは、とても運動神経がよくて、子供の頃から運動なら何でも他の子どもより抜きん出ていたそうです。

古川誠一画像

中学時代は、サッカーをやってました。
そこでも得点王!
運動なら何でもできる人っているんですね〜

運動苦手な私としては、うらやましい限りです!!

そんな古川さんは、中学のときに格闘技をやりたいとお父さんに言いました。
ですが、反対され・・・

それからケンカに明け暮れる毎日になったそうです。。

ただそれだけでケンカに明け暮れるかなあ・・
頭ごなしに言われたりしたのかなあ。

中学時代は、「番長」だったと放送で言ってましたね〜

最近は「番長」って言葉を聞かなくなりました〜
死語チックな気がしますww

まあ、そういう年代の方ということですね!
っていうか、「番長」って言われて、ピンと来ている私もその年代かww

古川さんは、高校卒業後に腕っぷしの強さを買われて、地元の会社でボディガードになったそうです。
ボディガードが必要な会社って、ちょっと危ない臭いがしますが、どのような会社かはわかりませんでした。
古川会長曰く、その当時は、いわゆる札付きのワルでした。。

26歳でボクシングと出会い、人を育てたいと思い、ボクシングジムを始めました。

自分がボクサーになるのは、もう遅いと思ったということでしょうか。
確かに、ボクサーは若いですよね。。

ですが、その決断のおかげで、ヨシキさんを始め大勢の子どもたちが、夢を持つことができて良かったです!

そして、2017年現在も、ジムを続けています。
興味のある方は、以下の公式サイトで詳細をご覧下さい。

⇒ パワーオブドリーム公式サイト

実は、古川会長のジム「パワーオブドリーム」は、2010年に取材を始めたころと場所が変わっています。

最初のジムから古川会長は追い出されてしまったのです。。
ジムの運営方針の違いからでした。

ただ「パワーオブドリーム」の名前は、古川会長が使えることになり、場所も運営も変えて継続しています。
もちろんヨシキさんも、在籍しています!

古川会長の妻や子ども


古川会長には、家族がいます〜
お嫁さんは、2010年当時新婚1年目だった美津江さんです。

美津江さんは、その当時から今に至るまでヨシキさん達はまだ同居中です!
美津江さん、すばらしいです!!

お子さんは、長女と長男!
2人ともかわいいです!

第1子は長女です。
お姉さんですね〜

ヨシキさん達に遊んでもらって楽しそうでした!

ヨシキさんがチャンピオンになった時には、リングにあがって、お父さんにだっこしてもらってました!
弟くんは、ヨシキさんが抱き上げてました!

ヨシキさんとは、兄弟のような気分なのでしょうか?
核家族で育った子どもとは、家族観が全然違うでしょうね〜
ちょっとうらやましい〜

古川会長は、その人柄から格闘技の世界では有名人になっています。
相談を持ちかける格闘技選手も大勢いるようです。

今も古川会長の家には、悪ガキだった男の子が新入りとして同居を始めています。
古川会長はどんだけ面倒見がいいんでしょう!
頭が下がります!

関連記事:武居由樹はノンフィクション足立区でチャンピオンへの軌跡が紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。