大島育宙の読み方や経歴は?彼女や事務所は?

大島育宙さんは、2017年2月現在現役の東大生です!
もう一つの顔は、お笑い芸人!!
××CLUB(ちょめちょめ くらぶ)というコンビを組んでいます〜

相方は、大谷ふみたかさん。
大谷さんは、明治大学文学部を卒業しています!

コンビを組んだのは、「プロ」になるという目標のためでした。

2017年1月に念願かなって、プロのお笑いコンビになりました。

つい最近ですが、2016年のM-1では、3回戦にまで進みました!
この時には、まだアマチュアだったんですよね〜

2017年からはプロとしての真価が問われますね!w

大島育宙の読み方や経歴


スポンサーリンク



まずは、大島育宙さんの名前の読み方です。

「おおしま やすおき」さんと読みます。

名前も頭の良さを表していますw

2017年4月からは、東大法科大学院へ進むことになっています。
弁護士を目指しているそうです。

大島育宙画像

SANSPO.COMのインタビューでは、

「お笑いと勉強の両立は難しいかも?!」
とおっしゃっていました。。

となると、2017年4月からは、急激にメディア露出が減ってしまうかもしれないですね〜

弁護士になるには、
司法試験に合格しないといけないですし・・

司法試験は、いくら頭が良くても、そんなに簡単に受かるものではないのではないかと察します。。

まあ、もともと勉強ができる人は、
勉強のコツもわかっているし、
集中力もあるでしょうから、
結構楽勝で司法試験も受かるのでしょうか??

私のような凡庸な人間には真似ができないことです。。

さて、
大島さんご両親の教育方針は、勉強優先だったそうです。

小学生の頃、千代田区麹町にあった日本テレビの近くに住んでいたそうですが・・

まったくテレビの中の人のことがわからなかったのだそう。。
もちろんお笑い芸人なんて、誰一人知らなかったのでしょうね。。

高校時代、東大に入ったら何しても良いと親から言われたので、
東大に入ったというツワモノです!

だいたい東大に入ろうと思ったって、
入れないでしょう!!

そもそも、
祖父は、元科学技術審議官、いわゆる官僚。
大叔父は、医学博士で不妊治療研究者でした。

お父さんの情報は無かったのですが、
お祖父さんの経歴を見ると、
官僚かなんかじゃないかなあ〜

スポンサーリンク



大島育宙の彼女や事務所


東大生で、そこそこカッコいいとなれば、
持てると思うのですが、
大島さんに彼女はいるのでしょうか?

調べてみたのですが、見つけられませんでした!

昔は「東大生はもてない」なんて言われたものですが、
最近はそんなことないようですね〜

女性に対してとんでもないことをしでかすような不届きものがいたり、
いい頭を社会のために活用できない人もいます。。

あの事件の犯人は、これからも親の庇護でのうのうとくらすのかと思うとちょっと腹立たしいですが。。

あ、脱線しましたが・・

大島さんは、いまのところ彼女はいなさそうです。。

というか、忙しいでしょうからね〜

でも、頭の切替えが早いから、私の想像を遥かに超えて、彼女がいるかもしれませんw

もう少しメディアに出て来ると、いろいろ暴露されることでしょうw
楽しみww

弁護士候補のお笑い芸人の熱愛相手!
とかねww

暖かく見守ります〜

最後に、
大島さんのお笑いコンビ××CLUBの所属事務所は、『タイタン』でした〜

爆笑問題の事務所ですよね〜

実は、大島さんをお笑いに目覚めさせたのは、爆笑問題だったのですって!

大島さんが中学生の頃、
ラジオの「爆笑問題カーボーイ」を聞いたことから、お笑いに目覚めたそうです!

憧れの人の事務所に入れたなんて、すてき!
それに、なんかすごい!!

望むものは、手に入れるタイプかも!w

ただ、お笑いを始めてみて、
「努力しても勝てない相手」を初めて知ったそうです。

どんなに理論的にネタを作っても、
理屈じゃないおもしろさに負けてしまう・・

もしかして、初めての挫折??

このインタビューは、NIPPON YOUTH STUDIOの記事にありました。

それはそれで、感動的です。。

このインタビューを聞いて、
大島さんは、もちろん頭がものすごく良い人なんですけど、
その一方で、すごい努力の人だとわかりました!

その努力が、彼の自信を作り出しているんですね〜

それにしても、努力しても敵わないって、もどかしいことですね〜

弁護士のお勉強とお笑いのプロの2足のわらじで、
どちらもきわめていって欲しいです〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。