米倉強太は二階堂ふみの恋人?母や祖父が有名だった!

米倉強太さんと二階堂ふみさんが、
一緒に暮らしているのではないかと
話題になっていますね〜

米倉強太さんは二階堂ふみさんの
恋人ではないかと言われています。

米倉強太さんは、
メンズノンノ出身のモデルさんで、
現在は、
映像制作会社を友だちと興して、
映像作品を作っています。

自分の作品を作る・・

これは、
祖父の見川鯛山(みかわたいざん)さんや、
母の米倉万美(よねくらまみ)さんの影響が大きいのかもしれません。

見川鯛山さんは作家として
活動されていました。

そして米倉万美さんはイラストレーターとして
活躍されています。

米倉強太さんと二階堂ふみさんとの関係や
母や祖父について調べてみました〜

スポンサーリンク



米倉強太と二階堂ふみ


米倉強太さんと二階堂ふみさんは、
写真週刊誌「フライデー」で報じられました。

2017年2月下旬に事務所の車で、
二階堂ふみさんが米倉さんのマンションへ
そのまま宿泊。

他の日には、
二階堂さんと米倉さんが犬の散歩をして、
散歩の後事務所の車で仕事へ出かけた。

というシーンを写真に撮られたそうです。

米倉強太画像


もう大人だし、
あ、そうですか・・
って感じもするのですが、

二階堂ふみさんは超売れっ子俳優なので、
話題になるんですね〜

でも全然二階堂ふみさん本人は、
気にしていないのではないかなあ。。

菅田将暉さんが二階堂ふみさんのことを、
本当にさばさばしていて親友と呼べる

と言っていましたよね〜

テレビに出ていても、
ここまでさばさばというか、
ぞんざいというか、
そういう風にいられる人って、
そうそういないなあ
と思ってました。

一応美しい女優さんだし、
少しはいい子ぶっても良いんじゃない?
と思うのですけど、
二階堂さんは、
いい子ぶるのを良しとしないのでしょう。

かっこいい人です!

憧れるけど、
私には無理だ〜〜〜

外見もともかく、
心が弱すぎて・・
いい子でいたい!

ところで、
二階堂ふみさんといえば、
なんだか大勢の人と噂になっています。

その噂の相手と恋愛が本当にあったかどうかはわかりません。

菅田さんは否定してますしね〜

二階堂さんのお相手として、
次々に新しい名前が出てくるので、
米倉さんの後にも
イケメンな人の名前がすぐに出てくるのではないかなあ。

いろんな人と知り合って、
良い所を吸収して、
もっといい女優さんになって欲しいです。

あ、
主役が二階堂さんにシフトしてしまった。。

米倉さんも、
刺激的な(たぶん)二階堂さんから、
貪欲に学んで欲しいと思います〜

新しい作品は、
今までとは全然違う物になってたりしてww

そうしたら、
それは二階堂ふみさんの影響ですね!
きっとw

スポンサーリンク



米倉強太の祖父と母


米倉強太さんの祖父は、
見川鯛山さんです。

私は全然存じ上げませんでした。

栃木県那須で開業医をされていました。

また医師としての仕事のかたわら、
短編小説や随筆を執筆されています。

テレビでドラマになった物もあるんです!

その一つは、
『天山先生本日も多忙』
という題名でした。

森繁久彌さんが主演でした。

放送されていたのは1979年4月〜9月までです。

共演者には、
竹脇無我さん、
谷幹一さん、
藤岡琢也さん、
など有名な役者さんが大勢出演されています。

森繁久彌さんが出演されるドラマですから、
心が温まるような内容だったのでしょう。。

なんとなく記憶の中にあるような気がします。。

そして、
米倉強太さんの母は、
米倉万美さんです。

イラストレーターをされています。

お父さんの見川鯛山さんの小説の
装丁の絵をかかれたりしています。

現在は、
「学校法人宇都宮メディア・アーツ専門学校」の教官や、

「特定非営利活動法人那須フィルムコミッション」の
副理事もされています。

『那須ショートフィルムフェスティバル』
の運営をしている団体です。

これを聞くと、
点と線がつながったみたいな気がしますw

米倉強太さんの映像作家への道は、
お母さんから流れて来たんですね〜

ちなみに、
米倉万美さんは、
アンパンマンのやなせたかしさんのアシスタント
としてイラストレーターのキャリアを
始めたそうです。

暖かみはあるけど、
ちょっと皮肉がこもっているような
作品を制作されているようです。

宇都宮メディア・アーツ専門学校のサイトには、
米倉万美さんの画像や作品も掲載されていましたので、
興味のある方はご覧下さい!

⇒ 学校法人宇都宮メディア・アーツ専門学校:講師ページ

作家の血筋の米倉強太さんが見せてくれる
次の作品が楽しみです!

関連記事:米倉強太の大学や身長は?起業した会社が気になる!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。