サルマン国王の息子の数や年齢は?ムハンマドの夫人は?




サウジアラビアのサルマン国王が、
2017年3月12日に来日します!

サルマン国王は、
日本に初来日した初代サウジアラビア国王の
25番目の息子でした。

イスラム教徒は4人まで妻を持てるので、
息子や娘の数が日本では考えられない人数ですね〜

妻だけでなく妾のような人もいたらしいですが、
とにかく大勢の息子や娘がいます!

サルマン国王自身は、
何人の息子や娘がいるのでしょうか?

息子たちの年齢や人数が気になります〜

また、
息子のひとりで、
一番期待されているらしい
ムハンマド副皇太子やその夫人についても
調べてみました〜

スポンサーリンク



サルマン国王の息子の数


初代サウジアラビア国王である
アブドゥルアズィーズ・イブン=サウード国王には、
36人の息子がいました。


現国王のサルマン国王は、
25番目の息子です。


そして、
サルマン国王には、
3人の夫人がいます。


イスラム法シャリーアでは、
最大4人の妻を持つことが認められています。


ですが、
サルマン国王の夫人は、
3人だけです。


息子の人数は全員で7人。

1番目の夫人スルターナ(王女)に5人。

2番目の夫人サーラ王妃に1人。

3番目の夫人ファハダ王妃に1人です。


意外に息子の数が少ないです〜
また娘の数は確認できませんでした。


ファハダ王妃の息子ムハンマド・ビン・サルマーンが、
副皇太子として、
2016年9月に来日しています。


国王来日のロケハンも兼ねてでしょうか?


ムハンマド副皇太子は、
サルマン国王の4番目の息子なのですが、
王位継承の順位は、
息子たちの中では一番上です。


どうやら、
サルマン国王からムハンマド副皇太子は、
絶大な信頼を受けているようですね。


ムハンマド副皇太子は、
現在は副首相で、
かつ内務大臣と政府・安全保障評議会議長も
担っています。


重要なポストに就いていますよね〜


さらに、
国営石油会社アラムコの経営にも携わっているようです。


有能な方のようですが、
本当にサウジアラビアを
ひとりで動かしちゃっている
状態になっているみたいです〜


古いシステムを壊そうとしているのか、
既得権を守るために動いているのか、
真意はわからなかったです。。


サウジアラビアの将来は、
ムハンマド副皇太子にかかっているといっても、
過言ではなさそうです!

スポンサーリンク



サルマン国王の息子の年齢


7人いる息子全員の年齢は残念ながらわかりませんでした。


わかった人だけお知らせします〜


まずは、
サウジアラビアの副首相である
ムハンマド・ビン・サルマーン副皇太子。


副皇太子は、
1985年8月31日に生まれました。


2017年3月現在は、
31歳です。


ひょ〜〜〜若い!!
この若さでサウジアラビア全国民の
生活や命を守るのですよ〜


プレッシャーが大きそう!


そして、
もうひとりわかっているのが、
サルマン国王の次男で、
第1番目の夫人の息子である
スルタン・ビン・アブデゥルアズィーズ・アル・サウード
です。


彼は、
アラブ人として、
またイスラム教徒として、
初めて宇宙へ行った宇宙飛行士でした。


スペースシャトルで宇宙へ行った人です。


いまやスペースシャトルは無いですからね〜
レジェンドですね!


スルタンさんの(王子になるのかな?)
生年月日は、1956年6月27日です。


2017年3月現在60歳です。


ムハンマド副皇太子とスルタンさんとの歳の差は、
30歳!


夫人がひとりでは、
この年齢差はほぼ不可能ですねw


息子のような弟かあ・・


何年か前にボビー・オロゴンさんが、
アフリカの実家に里帰りした時、
見知らぬ赤ちゃんがいて、
それが自分の兄妹だったと知って、
ものすごいびっくりしていたことがありました。


一夫多妻の国なら、
普通にあることなのかもしれないですね。。


ただ、
夫に財力は必要でしょうけどww


ムハンマドや夫人


ムハンマド・ビン・サルマーン副皇太子は、
まだ若くてイケメンですよね〜


正式な名前は、
ムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドル アジーズ・アール・サウード
(Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud)
となります。


名前が長い!!
私は記憶を放棄します!


出身大学は、
キング・サウード大学法律学部です。


サウジアラビアの大学を卒業しています。
おにいさん達は、
アメリカの大学へ進んだりしているのですが、
そういう気持ちは無かったのでしょうか?


学位は、
「神経言語プログラミング」
を取得しています。


経歴は、
大学で取った学位を役立てたとは言えないようです。

2010年~ サルマン・リヤド州知事顧問
2011年~ サルマン国防相特別顧問
2012年~ サルマン皇太子特別顧問
2013年~ 皇太子宮長官兼皇太子特別顧問(閣僚級)
2014年~ 国務相兼皇太子府長官兼皇太子特別顧問
2015年~ 国防相兼王宮府長官、
    国防相兼王宮府長官兼経済・成長事項評議会議長、
    副皇太子


大学卒業後、
すぐに父のサルマン国王に近いところで働いているんですね〜


ゆくゆくは国王になることを意識しているということでしょうか。


残念ながら、
すでに結婚しています。


夫人の名前は、
サラ・ビント・マシュフール・ビン・アブドルアジーズ妃です。


これまた長い名前〜


1人しか夫人は確認できませんでした・・。


4人まで結婚できますからね・・
今後はわからないです。


でも。。
黒田勘兵衛も、
妻はひとりで良いと言って
側室は持ちませんでしたし、
そういう考えの人かもしれませんw


サルマン国王関連で他にも記事を書いています!
見てください!

関連記事:サルマン国王が来日!日程は?羽田に着く便や時間は?

関連記事:サルマン国王の資産額は180億ドル?お金持ちの理由は?


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。