WBCイスラエル代表メンバーの出身地は?アメリカ人の理由は?

WBC2017盛上がっていますね!

番狂わせだったのが、
イスラエルチームの快進撃です!

ただ本当にイスラエルのチームと言えるの?
という疑問が湧いて来ます。

なぜって、
イスラエル代表メンバーの出身地が
アメリカの選手が多いからです。

イスラエルのチームなのに、
アメリカ人ばかりとは、
理由は何なのでしょうか?

そこに快進撃の理由が隠されている?

気になります〜

スポンサーリンク



WBCイスラエル代表メンバーの出身地


WBCイスラエルの代表メンバーは、
投手の
シャリモ・リペツ選手以外は、
アメリカが出身地の選手です。

28人の登録選手のうち、
27人がユダヤ系アメリカ人なんですよね〜

なので、
イスラエル代表なのに、
国籍はアメリカなのです!

イスラエルと試合しているはずなのに、
アメリカ国籍の人ばかりとは、
一体どこの国のチームと試合しているのか、
わからなくなりそうですね〜

目くらましされているような気分のまま
試合が進んでいたりして・・w

相撲のように短時間で終わる競技ではないので、
そんなことはないかww


しかもアメリカ人選手は、
大リーグ球団の傘下のチーム所属です。

初出場で、
格下の実力だと思っていたチームが、
大リーガー予備軍なんて!?

びっくりぽんです!
ちょっと古いかww

スポンサーリンク



イスラエル代表なのにアメリカ人の理由


イスラエル代表なのに、
アメリカ人ばかりという理由は、
WBCの出場資格が元になっています。

WBCの出場資格は、
次のような要件を満たせば良いのです〜

●所属するチームの国の国籍を持っている

●所属するチームの国で生まれた

●所属する国の永住権を持っている

●両親のどちらかが所属する国で生まれた
あるいは市民である

なんだかとってもゆるい規定ですねww

そういえば、
ラグビーのワールドカップでも、
日本代表として、
外国人選手が戦っていましたよね〜

キャプテンのリーチ・マイケル選手は、
日本の国籍を取得していますが、

アナマキ・レレイ・マフィ選手は、
トンガ国籍で、
トンガ代表のチャンスもありましたが、
日本代表を選びました。

ラグビーワールドカップの代表になる条件は、
次の通りです。

●所属するチームの国で生まれた

●両親、祖父母のうち一人が所属するチームの国の出身

●所属するチームの国でで3年以上継続して居住している

ラグビーの場合は、
ただ住んでいるだけでも
代表になる可能性があるんですね〜

もちろんただ住んでいるだけでは、
代表にはなれないですけどねw

WBCやラグビーワールドカップを見ていると、
『国』て何なのだろうって思ってしまいます。。

WBCのイスラエルチームのメンバーには、
イスラエル代表になったことで、
初めてイスラエルに行ったという人もいるそうです。

日本人には、
なんとなく馴染めない感覚ですが、
それが今の世界なのかもしれません。。

おもしろいなあw

WBCのビデオ判定についての記事を書きました〜
ぜひ〜
⇒ ビデオ判定:野球・WBC2017のルールまとめ!回数に制限はある?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。