佐川宣寿の略歴や学歴(高校や大学)は?家族や子供も気になる!


佐川宣寿さんは、財務省官僚で、
理財局長です。

森友学園問題で連日ニュースに登場しています。

ご家族は楽しい話題で、
佐川さんが登場すれば嬉しいですが、
今回の件では、
心中も穏やかではないのでは??

佐川宣寿さんの財務省での略歴を見ると、
着実にエリートコースを歩んで来たのだなあ
と思いました。

学歴も優秀さがわかります。

佐川宣寿さんについて、
調べてみたことをご報告いたします!

追記2017/11/23:
佐川さんは、
2017年7月からは、
国税局長官を勤めています。

追記2018/3/15:
疑惑の責任を取って、
国税局長官を辞任しました。

スポンサーリンク




佐川宣寿の略歴・学歴



佐川宣寿(さがわ のぶひさ)さんは、
1957年11月6日生まれ、
2018年3月現在60歳です。

もうすぐ定年を迎える年齢で、
たいへんな状況に巻き込まれていますね。。

定年までの間は、
定年後に用意されている(たぶん)仕事のために
箔がつくような役職になるのではないかと思います。。

文部科学省の天下り問題の時に、
そんな風に思いました。

佐川宣寿画像


佐川さんの出身は福島県です。

小学校中学校は、
地元のいわき市立平第一小学校、
いわき市立平第一中学校
で学んだことを、
いわき市の広報誌(2016.6月付け)に書かれていました。

その後1973年
東京都立九段高校に進学しました。

そして2浪ののち、
1982年に東京大学経済学部を卒業しました。

官僚の登竜門ですね。

そのまま大蔵省に入省します。

大蔵省〜財務省での略歴は、
次の通りです。

1984年 大阪国税局調査部

1987年 高山税務署長

1998年7月 近畿財務局理財部長

2001年 財務大臣秘書官

2005年 財務省主計局主計官

2008年 主税局総務課長

2010年 財務省大臣官房審議官(主税局担当)

2012年 復興庁統括官付審議官

2013年 大阪国税局長

2014年 国税庁次長

2015年 関税局長

2016年6月 理財局長、現在に至る。

短い期間にどんどん役職が変わっていきますね。

こんなに短期間で職種が変わっていくと、
仕事を把握する頃には異動になってしまいます。

それでも仕事が回っていくということは、
下についている人が、
恐ろしく有能なのではないでしょうか??


スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-4200573139199863"
data-ad-slot="2860887397">


それにしても、
佐川さんは、
2016年6月に理財局長に就任した時には、
森友学園問題が起こって、

さらに、
こんなに大きな問題になるとは
夢にも思わなかったとでしょう。

責任ある立場なので、
しょうがないとは思いますが、
文字通り
矢面に立っているので、
ちょっと気の毒な気分にもなってしまいます。

でも、
なんか自分が騙されてしまいそうな気もするので、
気をつけなければいけないなと
気合いを入れたりもしてます。

スポンサーリンク



佐川宣寿の家族・子供


申し訳ないのですが、
調べてみましたが、
全く「妻」、「子供」のことは情報が出てきませんでした。

結婚しているのかさえ、
わかりませんでした。

佐川宣寿さんのように、
責任のある役職についている方は、
インタビューをうけていることもあって、
そこから情報を得られることも多いのですが。


追記2018/3/26:
コメントにてご指摘をいただき、
訂正と加筆いたしました。


佐川さんの後の理財局長の記事を書きました。

関連記事: 太田充理財局長の経歴や学歴は?家族・妻や子供も気になる!


関連記事:石井準一の経歴や大学は?妻や子供など家族も気になる!


関連記事:迫田英典の経歴や大学・高校は?妻や子供は?

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • たけひさ
    • 2017年 7月5日

    確認は控えます
    イチイチ
    記録がありません
    書類を破棄しました

    国民の税を集めるところの長官に御栄転。

    主権者である国民が書類を無くしても、調査をしないで認めてくれますかね 
    政治家限定優遇かな

      • ざとれん
      • 2017年 7月5日

      コメントありがとうございます!

      国民が雇っているようなものなのに、
      雇い主をないがしろにしているように感じます。

      雇い主を大切にしたいと思っているお役人は大勢いると思うのに、
      なぜこの人が?と思いますね。

    • ゴン
    • 2018年 3月26日

    >>佐川宣寿(さがわ のぶひさ)さんは、
    2017年3月現在58歳です。




    間違っていますよ。その時点では59歳です。
    それと卒業年次から勘案すると東大へは2浪ですね。
    学歴にも触れるならその辺も書かれたら方が良いと思うます。

      • ざとれん
      • 2018年 3月26日

      コメントいただきありがとうございます。
      訂正と加筆いたしました。

    • 矢吹昭彦
    • 2018年 3月26日

    実は、私の友人の奥様が、高校の同級生
    都立九段高校です。
    同窓会には、迷惑がかかるので、出れないとか
    色々聞いてます。

      • ざとれん
      • 2018年 3月26日

      コメントありがとうございます。
      そうなんですか。
      全てをかぶっていらっしゃいますからね。
      真相は定かではないですが、
      上司に忠実な方だったのではないかと
      個人的には思っています。

    • 社会の正義を願う
    • 2018年 4月18日

    佐川さんは「着実にエリートコース」では全くありません。復興庁、大阪国税局長、国税庁次長、関税局長と、いずれも財務省の中では亜流で、通常はここで退職です。それが安倍政権の操り人形になるということで、財務省人事でなく官邸人事で理財局長に抜擢されたのでしょう。理財局長の次に国税庁長官になる人事が最近続いていますが、それは財務省人事でなく、安倍総理のオトモダチへの利益誘導への貢献に対する官邸の報償人事です。迫田氏も同様です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。