飲む羊羹ichizuの価格は?購入店鋪はどこ?味や飲み方は?

飲む羊羹!!

「飲むシュークリーム」に続く衝撃です!

北海道北見市の老舗菓子店
「清月(せいげつ)」の商品です。

商品名は『飲む羊羹 ICHIZU』!

<一豆を一途>という思いで、
北見小豆の中からさらに厳選した小豆を
使っています。

価格や
購入店鋪はどこか気になります!

また、
味や飲み方はどうなんろう??

気になることがたくさん出て来た!!

早速チェックです!


スポンサーリンク




飲む羊羹の味や飲み方


ここでちょっと疑問が湧いて来ました・・

お汁粉と何が違うのでしょうか?

お汁粉だって飲んでるし・・??

ここのところをはっきりしてもらわないと!!

メーカーである「清月」の説明では、
通常の羊羹と比べて約2倍の小豆を使っているとのこと。

羊羹はあんこを寒天で固めたものですよね。

そして、
お汁粉は確かあんこをお湯でのばしていると思うので、

2倍の小豆を使っているということは、
濃さが全然違いますね!


飲む羊羹画像



「飲む」ために作られているということは、
甘味はそれほど強くないのではないかと思われます。

ざらっとした舌触りも少ないのではないと思います。

メーカーの「清月」によると、

「舌触りが良いのが自慢」
とのことです。

最近思うのですが、
舌触りってかなり重要ですよね〜

なんというか
一口目の幸福感が違います!

職人さんのこだわる大きな部分なんでしょうねえ・・

飲み方については、
ただ飲んでも美味しく作られているはずです。

リキュールみたいに、
他のお酒と割ってカクテルにしても良さそう!

「清月」ではかき氷やアイスクリームにかけても、
美味しいと薦めています。

寒天ではなくて、
ゼラチンでゆるく固めてみるのはどうでしょうか?

なんとなく違う食感でおもしろそう!!

発想が広がりますね!!

スポンサーリンク



飲む羊羹ICHIZUの価格や購入場所


飲む羊羹ICHIZUの価格は3240円。

内容量は600グラムです。


うーーーん、これはお高い!

がぶ飲みはできそうもないです・・

ただ濃い味だそうなので、
前述しましたが、
いろいろな場面で使えそうです。


ワイボトルのような容器なので、
贈り物にも薦めています。


送り先の人はちょっと面食らいそうですけどもw

なんといっても、
今までなかったものですからね〜

価値をちゃんとわかってくれる人じゃないと、
反応が寂しいかも・・・

うんちくを語ってあげた方が良いかもしれないですね〜

そして、
購入できる場所ですが・・・

「清月」の直営店かオンラインショップです!!

⇒ 清月オンラインショップ


発売は2017年4月1日からなので、
予約というカタチになっているようです。

注文はできるみたいです。

オンラインショップ以外には、
「清月」の直営店で販売します!

直営店については、
公式サイトに載っていました〜

⇒ 清月公式サイト:会社概要ページ


今のところは空港などでは販売していないようです。

オンラインが一番手軽ですね〜

買ってみようかどうしようか悩む・・・・

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。