破獄のモデルはもう1人いた?脱獄王・西川寅吉とは?何回逃げた?

『破獄』のモデルは、
白鳥由栄といわれています。

ですが、
もう1人モデルがいたのではないか?
と思っている人が多いようです。

『破獄』のもう1人のモデルと思われているのは、
西川寅吉という人物です。

西川寅吉という男もまた、
白鳥由栄のように脱獄を繰り返した人です。

白鳥由栄よりは、
50年ほど昔の人ですね〜

脱獄犯って、
凶悪犯なのですけど、
なんとなくヒーローチックだと思いませんか?

実際脱獄犯が、
自分の住んでいる地域に逃げて来たら、
家の鍵をすべてかけて、
絶対外に出ないと思います。

ですが、
脱獄犯の話はなんとなくワクワクします〜

閉じ込められた場所から脱出すること自体が、
手品のようにも思えますし、

自由を手に入れるという希望が
向こう側に見えるからでしょうか?

スポンサーリンク



西川寅吉は何回脱獄したか


西川寅吉は、
1854年に生まれた男性です。

1854年の安政元年に生まれました。

<最初>に投獄されたのは、
寅吉が14歳のときでした。

自分を可愛がってくれた叔父を殺した人に
仇討ちしようとして、
その人に斬り付け、
さらにその人の家に火をつけました。

凶悪犯罪です。。。

そのため無期懲役刑で収監されました。

そこで、
仇討ち相手がまだ生きていることを知り、
仇討ちのため脱獄しました。

西川寅吉は、
まだ14歳だったことと、
犯した犯罪が仇討ちだったということで、
受刑者にかわがられていたので、
他の受刑者達が協力してくれたそうです。


ですが、
捕まってしまいます。
まだ仇討ちを果たしていなかったため、
<2回目>の脱獄。

この時も他の受刑者の協力を得て、
脱獄しました。


<3回目>の脱獄は、
2回目の脱獄後、
賭博師として全国を巡っている時に捕まりますが、
また脱獄。

この後捕まって
樺戸刑務所に収監されていましたが、
ここで、
<4〜6回目>の脱獄を繰り返します。

合計で6回の脱獄です。


その後は良い看守に当たったので、
脱獄はせず、
高齢を理由に仮出所しました。

そのあとは、
自分の経験を語る巡業をして、

最期は息子に引き取られ、
布団の上で安らかに亡くなりました。

波瀾万丈ではありますが、
西川寅吉は、
器用に生きた気がします。

スポンサーリンク



破獄のもう1人のモデル?


西川寅吉は、
「昭和の脱獄王」といわれる白鳥由栄と違って、
技術で脱獄したのではないですね〜

脱獄に技術があるのかどうかは疑問ですが、
少なくとも白鳥由栄は、
たぐいまれなる脱獄の才能をつかって脱獄しています。


一方、
西川は囚人仲間に助けられて、
脱獄しています。

それに時代が50年違います。

刑務所の施設も
頑丈さや警備体制なども、
白鳥由栄の時代とは比べ物にならないほど、
脆弱だったのではないでしょうか?

白鳥由栄は亡くなった時、
無縁仏として埋葬されそうになりました。

なので、
布団の上で安らかに眠った西川とは、
同じ脱獄王と言えど、
全然違う人生を送ったと言えると思います。


白鳥由栄は、
不器用故に脱獄せざるを得なかった
という風に感じます。


また
『破獄』の著者である吉村昭は、
白鳥由栄の刑務官だった人物から聞いた話
をもとに小説を書いたと言っています。

なので、
西川寅吉が『破獄』のもう1人のモデルということは、
無いのではないかと思います。


ところで、
人物としてどちらが魅力的かと言えば、
私は白鳥由栄の方を選びます。

チャンバラものの話だったら、
西川寅吉の話もおもしろそうですけどw

『破獄』のモデルとしての白鳥由栄に関する記事を書いています〜

関連記事:破獄で山田孝之が演じる佐久間のモデルや脱獄方法は?ネタバレ


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。