気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

エンターテイメント

おかあさんといっしょの人形劇がガラピコぷ~に変更!13作目

2016/09/14

NHK「おかあさんといっしょ」の人形劇が「ガラピコぷ〜」に変わります!

Sponsored by


おかあさんといっしょの人形劇


おかあさんといっしょの人形劇は、歌のおにいさん、おねえさんとともに、番組の看板キャラクターですよね。

おかあさんといっしょは、1959年に放送を開始しました。

人形劇はその翌年1960年「ブーフーウー」が最初です。
「ブーフーウー」の声は、大山のぶ代さん(前ドラえもん)や黒柳徹子さんが担当しています。

ブーフーウー画像
歴史の重みを感じます!!

1982年から92年の10年間は、大人気だった「にこにこぷん」!
じゃじゃ丸、ぴっころ、ぽろりの3キャラクターは、最近でもイベントなどに登場しています。

ニコニコぷん画像
関連記事:
おかあさんといっしょ人形劇にこにこぷん・ぴっころがブランド展開!


2011年から現在までは「ポコポッテイト」が放送されています。

ポコポッテイト画像

幼児時代の大きな思い出となる番組なので、大切なキャラクターですよね。

『おかあさんといっしょ』の人形劇について、原案・脚本を担当する山中隆次郎さんは、

失敗しても大丈夫だよ”というメッセージを伝えてきたと思う

と語りました。

新しい人形劇「ガラピコぷ〜」でも、そのメッセージを踏襲していきたいと考えているそうです。

人形劇「ガラピコぷ〜」


新しくなる人形劇『ガラピコぷ〜』は、「おかあさんといっしょ」の13作目の人形劇です。

ガラピコぷー画像

3人のメインキャラクターには、ロボットがいます。

主役にロボットがいるのは、『多様化する社会における異文化交流・理解』という思いが込められているそうです。
深いですね〜


お話の舞台は、

水と緑が豊かな惑星「しずく星」の大きなホシノキの根元にある、ムスービ村



メインキャラクターは、3人。

☆ハリケーンウサギ・チョロミー:姉御肌の4歳の女の子
☆オオカミ・ムームー:内気な3歳の男の子
☆別の星で作られた探査ロボ・ガラピコ:おしゃべり早口で自分のルールを押し付けるKYロボ

3人の人格設定は、今までの「おかあさんといっしょ」を踏襲している感じですね^^

声優さんは、次の通りです。

☆チョロミー
吉田仁美(よしだ ひとみ)NHK Eテレ「うたっておどろんぱ!」の主役ひとみ
☆ムームー
冨田泰代(とみた やすよ)「ブログ犬スタン」のメイソン
☆別の星で作られた探査ロボ・ガラピコ
川島得愛(かわい とくよし)ハリポタのオリバー・ウッド

幼児たちのアイドルになって欲しいです!

Sponsored Link

-エンターテイメント