気になることいろいろブログ

気になる話題を紹介します。

いろいろ

水木しげるお別れ会:祭壇横には鬼太郎!胸には目玉オヤジが

2015年11月30日に亡くなった水木しげるさんのお別れ会は妖怪だらけ!胸には目玉オヤジが!

Sponsored by


93歳で亡くなられた水木しげるさん。
100歳まで生きるとおっしゃられていました!
絶対そうなると思っていたのに、とっても残念でした・・。

水木しげるお別れ会


今回の水木しげるさんのお別れ会は、作家の荒俣宏さん、京極夏彦さんなどが発起人になり営まれました。

祭壇は、京極夏彦さんがデザインし、白菊、ユリ、ダリアなどの花でいっぱい!
デザインのイメージは、水木さんの短編漫画『丸い輪の世界』だそうです。

『丸い輪の世界』掲載本



真ん中には、水木しげるさんの遺影が飾られました。
その後ろには、水木さんが作ったキャラクターの鬼太郎、悪魔くん、河童の三平、コケカキイキイのパネルが飾られました。

場所は、青山斎場でした。

お別れ会には、『ゲゲゲの女房』で水木さんを演じた向井理さん、奥様の布枝さんを演じた松下奈緒さんなども参列されました。

会場は、祭壇だけでなく、全体が水木ワールドで、水木さんへの深い敬意と愛情が感じられますね。

目玉オヤジ


ユーモアを忘れなかった水木さんへの尊敬の念を表していたのは、目玉オヤジではないでしょうか。

奥様と発起人の方達の胸につけられたコサージュ(というのかな?)が目玉オヤジだったのです!

目玉オヤジ画像
ちなみに、目玉オヤジとは、ゲゲゲの鬼太郎のお父さんです。
「おい、鬼太郎」と甲高い声で鬼太郎に話しかけます。
そして、お茶碗のお風呂によく入っています。

これを見た時に、涙が出てきました。
皆さんの愛情が溢れてくる感じがしました。

奥様の布枝さんは、水木さんについて、次のように語られました。

夫は自然体だった。
一生懸命に生きてきて、今日までひたすら努力して作品にかける意気込みはすごかった。
(結婚生活は)本当に楽しかったです。
みんないい思い出です。
53年間ありがとうございました


経済的にどん底時代もあったお2人でしたが、信頼し合い乗り切って来られたのだなあと思います。

水木さんには、まだまだ長ーくこの世に存在していて欲しかったです!

Sponsored Link

-いろいろ