リバース:広沢の過去は?高校や美穂子との関係も気になる!原作ネタバレ

ドラマ『リバース』の登場人物の広沢は、
過去の人物なので、
視聴者から見ると謎の男です。

広沢が出て来ても、
あくまでも深瀬が見た広沢なので、
深瀬がのぞいている穴からしか、
見ることができません。

これから放送が進むにつれ、
広沢がどんな人が
わかって来ると思います(と思いたい)。

ですが、
ちょっとだけ先走って、
原作の広沢の過去を見てみようかなと思いました。

ドラマの広沢と
原作の広沢の過去は、
大筋では変わらないのではないかと思います。

ネタバレあり?
なので、
要注意です!


スポンサーリンク



リバース:広沢の過去


ドラマ『リバース』で小池徹平さんが演じる
広沢由樹は、
原作では背の高いイケメンです。

この時点で、
ドラマは原作とはちょっと違う書かれ方をする
という予感がします・・

ですが、
第1話が終わった時点では、
ドラマの広沢はよくわからないので、
原作の広沢の過去を追ってみます。


広沢の過去は、
深瀬が調べた過去なので、
あくまでも深瀬視点になりますね。


深瀬という人は、
客観的に見ても、
「できる男」ではないです。

あくまでも「深瀬」ですから・・
藤原竜也さんのことではありません。


深瀬は
地味で、
存在感の無い人。

深瀬自身は、
広沢が自分と同じような立ち位置にいる人だ
と思っていたようですが、
過去を調べて見ると、
違うことがわかりました。


広沢は、
文武両道な人で、
女子からも男子からも人気のある人でした。

争いを好まず、
どんな人でも受け入れる人。

PERFECT HUMAN??


小学校の時に、
広沢は松永という幼なじみと一緒に
野球をやっていて、
攻守ともに得意だったことがわかります。


高校の同級生だった
上田麻友と吉梅あおいからは、
広沢の良い人エピソードを教えてもらいます。

まず上田の広沢の印象は、

背が高い、
頭が良い、
おとなしい、
優しい

ということでした。

自分の頭の良さをひけらかさず、
クラス中がしていたいじめに加担しなかったことを
教えてくれました。


吉梅は、
自分がいじめられた人をかばったために、
机を倒された時に、
無言でその机を興してくれたこと。

好意を抱いていたことを話してくれました。

広沢とは、
いじめや争いごとを収めたい、
相手を受け入れたい、
と考える人だと話してくれました。


広沢の高校時代の部活の
バレーボール部のキャプテンに会うこともできました。

そのキャプテンは岡本で、
彼は広沢が地味な奴がよって来ると、
受け入れてしまい、

さらにその地味な奴が広沢といることで、
優越感に浸っているのが嫌だと言いました。


岡本が嫌がっていた男が
古川でした。

古川は深瀬と似た人でした。

地味で
いけてない人。

自分と広沢のレベルが違うと思った古川は、
わざわざひどい言葉を広沢にぶつけて、
広沢とつきあうことを止めました。


古川は、
いつも受動的だった広沢が、
唯一能動的に好きだと思い、
つきあっていた女性のことを知っていました。


スポンサーリンク



美穂子と広沢の関係


そのつきあっていた女性、
つまり彼女ですね・・

それは深瀬が知っている人でした。

深瀬が好きな女性、
美穂子でした。


高校2年の時
古川が広沢に好きな女子を聞くと、
広沢が美穂子を好きだと言ったのです。


大学進学のために、
東京に出て来た古川は、
偶然美穂子に再会。

それを広沢に伝えると、
広沢と美穂子はつきあっていました。

その後
前述した通り
古川は広沢と絶縁します。

そのあと、
深瀬と広沢は出会うことになるのだと思います。


深瀬は、
広沢の高校の知り合いの
上田と吉梅から卒業アルバムを借りたので、
美穂子と広沢が知り合いだったことは、
わかっていたと思います。


ただ、
つきあっていたという事実までは、
考えなかったのではないかな。

考えたくなかったと言うべきか・・


小説の妙ではありますが、
意外と知らないだけで、
身近にもあったりして・・・


何も無い平穏な日々がいいのか、
頭を殴られるような衝撃のある人生がいいのか・・

小説を書くなら後者ですが、
やっぱり平穏な方がいいな。

リバースの結末について書いています〜

関連記事: リバースのネタバレ:ラスト1行とは?アレルギーが犯人?結末は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。