佐藤康光九段の嫁は京子?東大とは?モテの由来は?経歴も気になる!

佐藤康光九段は、
永世棋聖の資格を保持する
将棋棋士です。

2017年に
紫綬褒章を将棋界では、
最年少で受賞することになりました。

47歳なんですよね〜

佐藤康光さんは、
モテと言われていますが、
その由来も知りたいです。

また、
プライベートでは、
お嫁さんと娘さんにメロメロのようで、
すてきな家庭人のようです。

ところで、
佐藤康光さんを調べると、
「東大」というワードが出てきます。

佐藤さんは東大出身ではないのですが、
なぜなのでしょう。。

調べてみました〜

スポンサーリンク



佐藤康光の経歴


佐藤康光(さとう やすみつ)さんは、
1969年10月1日生まれです。

1981年春に、
小学生将棋名人戦に6年生で出場し、
3位になりました。

それまでは、
大きな大会に出ていなかったようなので、
華々しいデビューですね。

1982年12月6級で関西奨励会に入会します。

その後1年弱で2級に昇級しますが、
父の転勤のため、
関東奨励会に移籍します。

これには、
関西奨励会の棋士たちが、
嘆いたという逸話が残されています。

そして、
1987年にプロ入りをします。

1993年に羽生さんから、
竜王位をとり、
初のタイトルを獲得します。

その後
佐藤康光九段は、
ずーっと勝ち続けていた訳ではなく、
割と負けていることも多いですね。

そうはいっても、
永世棋聖をとっているのですから、
勝っているのですが、
勝ちしか無いような
素人のイメージがありました。

勝ち続けている人が負けると、
そのダメージって大きいと思うのですが、
そのダメージに打ち勝たないと
次に勝てないのですよね。。

最近、
ひふみんのドキュメンタリーを見たり、
藤井聡太さんのインタビューを読んだりして、
将棋って戦いなんだな〜
とつくづく思っています。

関連記事: 加藤一二三の妻や子供は?経歴や出身地も気になる!

真剣さが違いますよね。

なんか言葉が軽過ぎですけど、
気持ちはずーーんと重いです。

ところで、
佐藤康光さんが永世棋聖の資格を得たのは、
2006年度です。

この年は大活躍だったとのことで、
将棋大賞の最優秀棋士賞と
升田幸三賞を
どちらも初受賞しています。

最近では、
NHK杯に9年ぶり3度目の優勝しています。

藤井聡太さんとの炎の7番勝負では
負けていましたけども。。

関連記事: 藤井聡太の炎の七番勝負の日程と結果!対戦相手も気になる!

スポンサーリンク



佐藤康光の嫁・京子?


佐藤康光さんは、
2004年8月に今のお嫁さんと結婚しました。

才色兼備の女性として、
たびたび話題になっています。

2009年には、
娘さんが誕生し、
メロメロだとのこと。

こういうエピソードは、
ほのぼのとしていて良いですね〜

対局の時には、
妻の特製ドリンクを持ち込むこともあるとか。

ラブラブじゃないですか!!

お嫁さんのお名前については、
「京子」さんという噂があるのですが、
確認はできませんでした。

モテの由来


佐藤康光さんは、
ネット上では「モテ」と呼ばれることが多いです。

これは、
「モテ光」という呼び名から来ています。


「モテ光」は、
先崎学八段が、
現在は拝観になっている『将棋マガジン』で
佐藤康光さんのことを
「モテてモテてこまるらしいじゃないか」
とからかったことが由来だと言われています。

この当時、
1993年は佐藤康光さんが竜王をとった頃です。

追っかけのような女性ファンが、
タイトル戦にやって来ていたので、
そのように言ったようです。

まあ、
ちょっとしたやっかみ気分もあったのかと
思いますね。。


最後に、
佐藤康光さんを検索すると
東大という言葉が出てきます。

これについては、
関連情報も無しです。

佐藤さんの弟さんは、
歌舞伎役者の市川段一郎さんで、
東大とは無関係。

妹さんもいますが、
東大に関係するといった情報はありません。


もしかしたら、

米長邦雄永世棋聖が言ったと言われる
「兄達は頭が悪いから東大へ行った、
私は頭がいいから将棋指しになった」
という言葉を、
佐藤九段が言ったと勘違いしているのかもしれません。

この言葉自体も、
米長永世棋聖が言ったのではなく、
ネタ的に芹沢浩文九段が言ったものだったようです。


結構こういうことって起きますね〜

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。