元正花は現在はどうしてる?娘は?北朝鮮スパイの時の仙台での行動は?

元正花さんは、
元北朝鮮スパイです。

現在はどうしてるのかと思っていたら、
フジテレビの『新報道2001』に出演するとのことで、
びっくりしました。

スパイ活動中には、
娘さんも誕生しています。

また元正花さんは来日し、
宮城県仙台市でも活動していたようです。

現実のスパイって、
映画やドラマと違って、
ものすごい長期的活動なのですね〜

驚きです〜

スポンサーリンク



元正花の経歴


元正花(ウォン・ジョンファ)さんは、
1974年1月29日に
北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクどう)
清津市(チョンジンし)に生まれました。

咸鏡北道(ハムギョンブクどう)は、
北朝鮮の北東部にあり、
中国とロシア、
そして日本海に接しています。


さて、
元正花さんは、
スパイになる前にもすごい人でした。


実父もスパイで、
韓国に潜入中に亡くなったようです。

元正花さんは、
1989年に特殊部隊に入隊します。

1992年に怪我のため除隊。

ですが、
友人と亜鉛を5t盗んで脱北し、
北朝鮮と中国の国境付近に6年間も潜伏していました。

ちなみに、
北朝鮮では亜鉛を1キロ盗んでも銃殺刑になります。

それなのに、
彼女が生かされたのは、
スパイとしての資質があると
北朝鮮保衛部から判断されたからでした。


だいたい6年も潜伏なんて、
精神的に無理でしょう。。

すごい精神力です。


スパイとして見込まれた元正花さんの任務は、
脱北者を拉致して、
北朝鮮に送り返すことでした。

なんと100人もの人を送り返したようです。

その人たちがどうなったのかは、
考えたくないです。。。


2000年からは金正日総書記の指示で、
脱北者を装った工作員を潜入させる対南工作が始まります。

その工作のため、
元正花さんは、
2001年3月に中国へと潜入し、
韓国人会社員と婚約し、妊娠します。


北朝鮮の保衛部は、
妊婦は疑われにくいと考えて、
そのまま結婚させ、
韓国へ入国させます。


韓国に入国直後に
脱北者として韓国政府に出頭し、
脱北者と認定されます。

会社員とはすぐに離婚。

娘を出産しました。

妊娠するのも諜報活動なんて・・・
むごすぎる。。。

元正花さんは、
どんな気持ちだったのでしょうね・・・

その後は、
北朝鮮へ脱北者の情報を流し続けていました。

二重スパイだったこともあったようで、
もうくらくらするぐらいスパイです!!

スポンサーリンク



元正花の仙台での活動


元正花さんは、
日本にも3回入国しています。

もちろん諜報活動です。

2007年6月に最初に来日しています。

その時には宮城県仙台市を訪れています。

どうやら日本の永住権をえるため、
日本人との結婚を画策していたようです。

3回お見合いしています。

結局お見合いは不成立だったようですね。


その時元正花さんとお見合いした男性は、
彼女がスパイだと知った時には、
背筋が凍る思いだったのではないでしょうか。。

現在はどうしてる?娘は?


2008年7月15日に、
日本から韓国に戻った直後に、
国家保安法違反の容疑で捕まりました。

同年の10月には懲役5年の判決が出ました。

その当時娘さんは7歳でした。

その娘さんが14歳のときに、
娘さんへの暴行の容疑で
また捕まっています。

元正花さんは、
うつ状態だったようですね。

スパイなんて、
超超超緊張することをしていたら、
精神的にバランスを欠くのは当然のことのように思います。

ですが、
今は日本のテレビにも出演できるのですから、
それなりに回復していることでしょう。

たぶん今でも監視下に置かれていると思います。

定期的に確認されている程度だと思いますが。

要チェック人物なんじゃないかな。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。