丑尾健太郎の経歴や大学は?結婚も気になる!読み方や作品は?

丑尾健太郎さんは脚本家です。

2017年4月からのTBS日曜劇場、
『小さな巨人』の脚本を担当しています。

この枠は、
TBSが気合いを入れていて、
伝統的に名作や大ヒット作が放送されますよね。

ここで脚本をまかされるということで、
丑尾さんへの期待が大きいことがわかります!

そこで、
丑尾さんの経歴や大学を調べてみました〜

結婚されているのかも気になりますね。

また、
「丑尾」という姓は難しいですよね。
読み方も要確認です!

スポンサーリンク



丑尾健太郎の経歴や大学


丑尾さんが
2017年4月から脚本を書いている
『小さな巨人』はTBS日曜劇場の枠です。


「倍返し」で有名なドラマ『半沢直樹』も、
この枠でしたね〜


『半沢直樹』のスタッフが終結したドラマ
『小さな巨人』は、
期待もプレッシャーも大きいと思います。

ですが、
期待に応えていると思います。

つまり、
おもしろいです

三つ巴?
四つ巴??

複雑に人間が絡み合っていて、
私の脳では処理し切れなくなって来ています・・

さて、
丑尾健太郎さんの経歴について。


まず、
丑尾健太郎さんのお名前は、
「うしお けんたろう」
と読みます。

ちなみに、
「丑尾」姓は、
愛媛県大洲市、
山口県や和歌山県に多いようです。


実際、
丑尾健太郎さんは、
愛媛県出身なんですよね〜


なるほど〜という感じです。


生年月日は、
1976年5月28日です。


出身大学は、
神戸大学経済学部卒業です。

大学卒業後、
映画やTVドラマ、
舞台等の台本を手がける印刷会社に入社しました。

どこの印刷会社なのだろうと思って調べてみました。

そうしたら、
台本の印刷会社って、
意外といっぱいありました。

三交社

シナリオプリント

三映社

台本って、
ギリギリに渡されると言いますが
結構納期が短かったりして、
大変なんでしょうね〜


残念ながら、
丑尾さんが勤めていた印刷会社はわかりませんでした。

スポンサーリンク



丑尾健太郎の作品


丑尾健太郎さんは、
sacca株式会社というマネジメント会社に
所属しています。

そのサイトに掲載されている
丑尾健太郎さんの経歴によると、

2006年の映画『陽気なギャングが地球を回す』が
脚本家としてのスタートになっています。

テレビでは、
2008年NHK『とくせん』の構成台本を
手がけたのが最初でした。

その後、
映画、テレビ、舞台まで
幅広い脚本を手がけています。

その他の作品については、
マネジメント会社のサイトをご覧下さい〜

⇒ sacca株式会社:丑尾健太郎


まだ若いので、
今後も楽しみですね〜

まずは『小さな巨人』の結末がどうなるのか、
目が離せません!!!

丑尾健太郎の結婚


丑尾健太郎さんの結婚については、
情報がありませんでした。

丑尾さん・・・
ほんとに情報がない!!(汗)

すでにメジャーな脚本家さんなのだと思うのですが、
あまりメディアに登場していないです・・。


そろそろ登場してくださっても良いのでは??

よろしくお願いいたします〜

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。