もんげーバナナは岡山天満屋で販売!価格や通販は?神明ファームの直売所の住所は?

もんげーバナナを知っていますか?

私は知らなかったのですが、
岡山県産のバナナで、
皮も食べられるという高級バナナです!

高級だけあって、
価格もすごい!

もんげーバナナ1本で、
スーパーマーケットで売っているバナナを
3つくらい買えるかもしれません。

驚きです!!

販売している場所は、
岡山天満屋や岡山高島屋です。

それと、
もんげーバナナを作っている
神明ファームの直売所でも販売しています。

岡山にすぐに行けない人には、
通販などもあるのかな??

調べてみました〜

スポンサーリンク



岡山天満屋で販売!価格は


岡山天満屋は、
地域のデパートです。

天満屋の岡山店ですね〜

婦人服からインテリア、
食品などなど
なんでも揃うお店です。

住所は、
岡山市北区表町2丁目1番1号 です。

岡山天満屋の公式サイトは次の通りです。

⇒ 岡山天満屋公式サイト


この岡山天満屋で、
神明ファームの作ったバナナを
「もんげーバナナ」と名付けて売り出しました。

価格は、1本648円(税込み)!!

1本の値段ですからね〜
お間違えなく!!

さらに、
岡山高島屋では、
数量限定で1本972円(税込み)で
販売しています。

もう一度言いますけども、
1本の値段ですからね!!


もんげーバナナ画像




値段が高い理由は、
出荷量が1日200〜300本程度だからです。

たしかに、
普通のバナナのように1束200円くらいで売っていたら、
全然割に合いません。


それに、
味にも絶対的な自信があるようです。

「高い糖度と濃厚な味わい」

一度味わってみたいです!!!

スポンサーリンク



神明ファームの直売所の住所は?通販は?


「もんげーバナナ」と名付けられたバナナを作っているのは、
神明ファーム(しんめいふぁーむ)です。

神明ファームは、
コメ卸最大手の「神明」の関連会社です。

「神明」は神戸の会社なのですが、
バナナの栽培に適していると言うことで、
岡山で栽培を始めました。


岡山でバナナ??と思いますよね!


岡山を栽培地として選んだ理由は、

日照が多く、
災害が少ない

からだそうです。


もともと、
岡山ってフルーツ王国ですよね。

桃が有名ですし。


もんげーバナナの品種は、
「グロスミッシェル」という糖度が高いバナナが中心です。

他に5種類程度のバナナを作っています。


ビニールハウスで栽培しているのですが、

ハウス内は気温30度、
湿度は60~70%に保っています。


さらになるほど〜と思ったのは、
本州にはバナナの害虫がほとんどいないので、
農薬を使わなくて良いそうです。

興味深いです!!


さて、
神明ファームの直売所は、

岡山県岡山市南区藤田1087番地

にあります。

地図など詳細は、
神明ファームの公式バナナサイトをご覧下さい。

⇒  "nofollow" >神明ファーム:バナナサイト



通販については、
残念ながら今はまだやっていないようです。

1日200本から300本の出荷量では、
無理ないですね。

さらに、
輸送コストや
輸送中にバナナの品質を維持できるか
という問題もありますからね。。

でも、
いつか食べてみたいなあ。

その時には、
もう少しリーズナブルな価格になっていると良いなあ。


最後に、
もんげーバナナは、
フィリピンや台湾に売り込もうとしているそうです。

輸出するってことですよね。

ちょっと提案なのですが、
輸出するなら北欧はどうでしょうか?

フィンランドだったかなあ・・

バナナは頭が良くなる果物として人気があると聞きました。

それに、
フィンランドでは日本よりバナナがかなり高いんですよね。

もちろん台湾やフィリピンのバナナには
価格では負けると思うのですが、
付加価値が大きいから意外といけるのではないかと・・・

ただ輸送が難しいそうですけどね。
遠いから。

でも、
その前に私が食べたい!!



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。