大坂正明の大学はどこ?時効はどうなる?経歴も気になる!


大坂正明さんが、
警察に確保されたとの一報がありました。

大坂さんは。
指名手配になっていた人です。

1971年に東京の渋谷で暴動があり、
そこで警察官を亡き者にした罪に問われています。

さすがに、
私は全然知らないのですが、
学生運動が過激になっていった頃だと思います。

正義を振りかざして、
暴力に訴える活動の悲劇的な結果の一つだと思います。

大坂さんもこの頃学生でした。

なので、
出身大学がどこなのか気になります。

また、
47年間逃亡を続けていたと言うことで、
時効は成立しないのでしょうか??

調べてみました〜

スポンサーリンク



大坂正明の大学や経歴


まず指名手配書によると、

大坂正明さんは、
1956年5月30日生まれです。

出身地は北海道。


身長は178センチメートルくらいです。


大坂さんについては、
情報がこれ以上になく、
大学などもわかりませんでした。


追記2017/5/24:
今朝のNHK『おはよう日本』で
大坂さんの大学は、
千葉のある大学と言っていました。




大坂正明画像




ただ、
当時の事件について、
調べている方のサイトを見つけました。


このサイトによると、
この暴動に関わったのは、
全国から集結した大学生だったようです。


ここであげられている大学は、
次の通りでした。


● 高崎経済大学群馬大学
● 群馬工業高等専門学校
● 宇都宮大学
● 法政大学
● 埼玉大学
● 立正大学


この中に大坂さんの出身大学があるのかは、
わかりませんでした。


ですが、
この大学から過激な思想の学生が集結し、
犯行に及んだと言うことです。


体制に反対するのは自由ですし、
それを主張するのも自由です。


ですが、
どんな立場であれ、
人の命を奪うことは、
絶対に許されないはずです。


ここまでやらないと、
自分の主張が周知できないと考えているのでしょうか?


なんとなく、
この事件の実行者たちは
ただ主張するより、
過激なことを実行したい欲求に負けたような気がします。。

スポンサーリンク



時効はどうなる


大坂さんは、
47年間も指名手配されていました。


時効にはならないのでしょうか??


大坂さんが時効にならないのは、
理由は2つあります。


まず1つめ。

共犯の奥深山さんが、
控訴中の1981年に精神疾患のために公判停止になったからです。

この裁判が結審していないので、
刑事訴訟法254条2項の規定で公訴時効が停止しています。


もう1つの理由は、
2010年に殺人罪の公訴時効が撤廃されたためです。


正確には、
「人を死亡させた罪」のうち,法定刑の上限が死刑である犯罪は、
時効がなくなりました。


参考⇒ 法務省:公訴時効


罪を償うか、
一生逃げ続けるしかなくなったと言うことです。。


被害者や被害者の家族の気持ちを考えると、
当然と思います。


現時点では、
捕まったのは大坂正明さんらしいと言う報道です。


今後調べが進むと思います。


その時には、
なぜそんな過激な思想になってしまったのか、

なぜ過激な行動に出たのか、

そういったことをきちんと解明していただきたいです。


右だとか、
左だとか、
それは人それぞれなんで、
自由です。


でも、
どちらの思想でも、
過激になっていく人たちがいて、
それを歓迎する人たちもいて、
なんだかやるせないので、
ぜひ冷静に調べて欲しいです。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。