手倉森誠は双子を切った!?妻や子供は?経歴や高校も気になる!

手倉森誠さんは、
リオオリンピックの男子サッカー代表監督でした。

インタビューを受ける手倉森さんが、
カンニング竹山さんに似ていると、
話題になってましたね〜

そして、
2020年の東京オリンピックの
サッカー代表監督として
名前が上がっています!


さて、
手倉森誠さんは、
双子です。

双子の兄弟を切ったということでも、
話題になっています。

どんな決断があったのでしょうか?

経歴や高校も気になります!

また、
勝負事に関わる人には、
家族の支えが必要だとよく聞きます。

妻や子供も気になります!

手倉森誠さんにとって、
どんな存在なのでしょうか?

スポンサーリンク



手倉森誠の経歴や高校


手倉森 誠(てぐらもり まこと)さんは、
サッカー指導者で、
2017年5月現在日本代表のコーチをしています。


生年月日は、
1967年11月14日です。

1985年、
青森県立五戸高等学校3年生の時、
第64回全国高等学校サッカー選手権大会に
出場しベスト8に進出しています。


高校卒業後は、
住友金属に入団します。

1992年に住友金属が鹿島アントラーズになった後に
戦力外通告を受けました。



手倉森誠画像



引退したのは、
1995年でした。

その後指導者としての道を歩み始めました。

2004年には、
ベガルタ仙台のコーチに就任。

2008年には、
ベガルタ仙台の監督に就任しました。


2013年に、
2016年リオオリンピックの日本代表監督に就任。

オリンピック日本代表は、
決勝リーグには進めませんでした。

2016年9月15日、
日本代表コーチに就任。

そして、
東京オリンピックサッカー日本代表監督候補の
筆頭となっています!


東京オリンピックは、
開催運営でまだごちゃごちゃしていますけど、
選手たちにはがんばって欲しいです〜

スポンサーリンク



手倉森誠は弟を切った


子供の頃から
手倉森誠さんは、
サッカー人生を双子の弟の浩さんと一緒に
歩んでいました。


弟の浩さんの方が、
サッカーは上手だったようです。


ご両親の教育方針は、
どんな時にも2人一緒に活動することでした。


なので、
中学1年の時に、
ブラジルの名門サッカークラブの「サントス」から
浩さんをブラジルにつれて帰りたいという
オファーがあった時にも、
誠さんと一緒で無いとダメだと回答。


結局2人では、
ダメだということになり、
浩さんはブラジルへ行くことはできませんでした。


常に2人一緒でいることを、
ご両親は望んだようです。


そうはいっても、
大人になればそんなことはできないので、
誠さんが先にサッカー選手を引退しました。


その後2008年に
誠さんが、
ベガルタ仙台の監督に就任します。

その時浩さんは、
ベガルタ仙台のヘッドコーチをまかされました。


ですが、
ここで軋轢が出てきます。


それぞれの役割への理解不足や
兄弟同士という甘えから
かえって意思の疎通が十分にとれないような
状態が起こります。


結局チームの状態も悪くなりました。


そこで、
誠さんは監督として、
浩さんを切る決断をしました。


苦渋の選択だったことでしょうね。。


浩さんのことを良くわかっていると思いますから。


結局浩さんを切ったことで、
チームの調子が良くなりました。


手倉森兄弟に関しては、
ご両親の教育方針には、
ちょっと疑問が残ります。


誠さんと浩さんは、
見かけはそっくりでも、
性格は全然違うそうです。


誠さんは明るくて外交的、
浩さんは静かでない公的な性格だそうです。


確かに2人いれば百人力!
という関係ではありますが、
それぞれ人生が違いますからね・・


そうはいっても、
大人になって、
紆余曲折ありながらも、
2人ともサッカー界に身を置いています。


それって、
すごいことですよね〜

手倉森誠の妻と子供


手倉森誠さんの妻は、
真澄さんです。


2006年に、
美容師だった真澄さんが、
姉の経営する飲食店に手伝いにいった時に、
手倉森誠さんと出会いました。


12歳年上だった手倉森さんが
真澄さんに猛アタック!!


2007年1月13日に結婚しました。


子供は、
娘さんの梓紗さんです。

東日本大震災の時に2歳だったそうなので、
2009年生まれでしょうか。。


真澄さんの支えが無ければ、
誠さんは「今の自分はいない」と言うほど、
真澄さんの支えが大きいようです!


支えがあるからこそ、
オヤジギャクを連発できるのでしょうね〜


東京オリンピックのサッカーが
楽しみになってきました!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。