金城宗幸の経歴や出身高校、大学は?結婚は?漫画原作者の顔が気になる!

金城宗幸さんは、
漫画原作者です。

漫画の『僕たちがやりました』や
『神様の言うとおり』の原作者です。

漫画原作者って、
あまり聞き慣れないので、
興味があります〜

どうして、
漫画原作者になったのかも気になります〜

また、
どうやったら漫画原作者になれるのかも、
気になりませんか〜

興味津々!!

なので、
金城さんの経歴や出身校高校、
大学などを調べてみました〜

さらには、
ご結婚されているのかも
要チェック!!

外見、
特にお顔も、
探してしまいました〜

野次馬と化してます〜

スポンサーリンク



金城宗幸の経歴や学校


金城宗幸さんは、
1987年生まれです。

出身地は大阪府です。


2008年5月に
少年マガジン第80回新人漫画賞特別奨励賞
を受賞しています。


これって、
金城さんが大学卒業後すぐでした。


すぐに認められたのですね〜

すごいなあ!!


2011年2月には、
『神様の言うとおり』で、
別冊マガジンに連載開始デビューしました!


それが話題作になりました〜

すごいトントン拍子!


うらやましいことです!


次は学歴についてです。


金城さんは、
大阪府立今宮高校の出身です。

今宮高校は、
1906年に旧制中学として
設立された高校です。

長い歴史がある学校です〜


金城さんは、
高校58期生で、
2007年3月に卒業しました!


参考⇒ 今宮高校同窓会報


高校卒業後は、
京都精華大学マンガ学部
マンガプロデュースコースに進学しました。


マンガプロデュースコース(略称:マンプロ)は、
マンガ編集者や原作者を目指す人のコースです。


2006年に開設されたので、
2期生になるのかな〜


大学としては、
漫画原作者としての成功者を輩出したのは、
良しっ!!
って感じだったでしょうね〜


すばらしい〜!!

スポンサーリンク



金城宗幸は漫画原作者


金城宗幸さんが、
なぜ漫画原作者になったのかという
理由が気になります〜


金城さんは、
新人賞を受賞したあと、
少年マガジンの編集者に
「連載を目指すなら画力をのばして欲しい」
と言われたそうです。


それで努力したそうなのですが、
思うようにいかずに、
あきらめてしまいました。


そこから1年くらいお笑い芸人を
目指していたそうです〜


さすが大坂の人って感じがします。


漫画がダメなら、
お笑い芸人〜〜


これは、
まだ大学に在学中のことだったようです。。


大学を卒業してしまって、
本気で何かをしないといけないと思っていた時に、
また編集者の方から、
「漫画の原作者をやってみないか」
と声をかけられました。


金城さん自身も、
まったく思ってもいなかった選択肢だったみたいです!


漫画家さんって、
話の内容も、
絵も、
すべて1人で請け負っているのだと思っていたのですが、
違うのですね〜


そういえば、
絵本でも、
作と絵が違うことって、
多いですよね。


それぞれの得意なところを
生かして作品を作るのって、
一人で作っているより、
ちょっと楽しい気がします〜


傍目から見ているので、
そう思うだけかも〜

金城宗幸の顔や結婚


漫画に携わる方って、
顔を出していない方が多いので、
見つからないかなあと
思っていたのですが、
なんてことはない、
しっかり公表されてました〜


京都精華大学のオープンキャンパスでの
イベント中のようです〜


金城宗幸画像


参考⇒ Analogue vol.16



なかなかカッコいいですね〜


この勢いで、
ご結婚されているのかも調べてみましたが、
情報無しでした〜


ただ、
『僕たちがやりました』の
作画の荒木光さんとの金城さんの対談記事を読むと、
結婚はまだなのかなあ〜という印象を持ちました。


なんかはっちゃけ過ぎている気がしますが・・

どうでしょうか?


2017年に『僕たちがやりました』が
テレビドラマ化されるので、
テレビの脚本と、
原作の話を比べて見ると
おもしろそうですよね。


原作と絵をそのまま映像化するのか、
独自の映像を作っていくのか・・


個人的には、
漫画そのままはあんまりおもしろくないなあと思っています。


原作にビジュアルがついているので、
どうしようもないところもあるのですが、
映像だからできる表現を見せて欲しいと思います。


あのシーンだよね〜
と言うところがあるのは当たり前なんですけど、
そればっかりだったら、
実写化する意味があるのか?
と思いますけども・・


テレビの映像が楽しみです〜


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。