岡口基一裁判官のツイッターが凍結!?息子は医学部!家族が気になる!

岡口基一裁判官って、
知ってますか?

白ブリーフ姿を自撮りして
ツイッターにアップしている裁判官として
有名です〜

白ブリーフの裁判官としか
思っていなかったのですが、
ツイッターが凍結されたときいて、
ちょっと調べてみました。

父のアップしているツイッター画像を見て、
家族はどう思っているのだろうと
気になりました。

が・・・・
前々気にしないどころか、
誇りに思ってる!!

息子さんは、
現在医学部に在籍し、
猛勉強中とのこと!

なんかかっこいい!

スポンサーリンク



岡口基一のツイッターが凍結


岡口基一さんのツイッターが凍結したと、
2017年7月6日付けの
サンスポ.comで読みました。


なんとなく気になって調べてみたら、
岡口基一さんのツイッターは凍結されていませんでした。。。


さすがに、
ツイッターは、
裁判官を敵に回したくなかったのか??


ツイッターは申請すると、
凍結を解除できるらしいのですが、
それが一瞬でできたのかな??


なにはともあれ、
岡口基一さんのツイッターは、
凍結されておらず、
見ることができます。




岡口基一画像





変な画像があったら嫌だな・・
と思いつつ、
おっかなびっくり
岡口基一さんのツイッターを
スクロールしていきました。。


おや、
ぜんぜんまとも・・
というか、
嫌な気分になるようなことは、
一切つぶやいていない・・


とある裁判所の裁定に関して、
褒めてたり、


政府のやり方に憤りを感じてたり、


言葉に重みがありますが、
なんか普通・・


偉そうでもないし、
見下してもないし、
偏ってないし、
ぶれてないし、
すごい良い人っぽい!!


読んでいるうちに、
自分が「白ブリーフの人」という
イメージだけで、
いかがわしそうな人と
決めつけていたと気づきました。。


ダメじゃん、私!


私のような人を開眼させる為の
白ブリーフなのだ!
と思わせてくれました・・


⇒ 岡口基一ツイッター


・・・・・でも、
やっぱり岡口さんのブリーフ姿は、
見たくない・・・

スポンサーリンク



岡口基一の家族:息子は医学部


岡口基一さんの息子さんも、
ツイッターで有名なんです〜


顔がお父さんにそっくり!!


医学部に在籍しているのは、
岡崎基一さんの次男の岡口和也です。


岡口和也さんは、
宮崎大学の医学部に在籍する
医学生です。


和也さんによると、
和也さんは、
高校時代成績がそこそこでした。


でも、
仲の良かったおばさんが病気で亡くなったことや、
NHKの『プロフェッショナル』で
心臓外科医の天野篤先生が、
大勢の人を救っているのを見て、
医者を目指しました。


2浪の末、
宮崎大学医学部に合格し、
現在に至ります。


岡口基一さんは、
子供に干渉せず、
基本的に放任でした。


なので、
お母さん(岡口基一さんの妻)は、
きっとひとりで、
息子の進路について、
不安に思っていたのではないかと思います。


合格した時には、
母と2人で泣いたそうです!


すてき〜!


良いお母さんだ!!!


和也さんも、
ツイッターをしています。


なんか自然体で、
すがすがしい〜


⇒ おか☆かずツイッター


ちなみに、
岡口基一さんには、
もう1人息子さんがいます。


長男です。


長男さんは、
お名前はわからなかったのですが、
たまに
父・岡口基一さんのツイッターに登場しています。


「長男が,1月4日に,テレビ出演します(^_^)  
東大生による日中韓座談会。
ヘイトスピーチや尖閣諸・・・」

⇒ 岡口基一ツイッター


東大なんですね〜


このツイートは2014年12月のものだから、
すでに卒業しているかも??


2017年1月には、

長男のデートを目撃し、
それを長男がツイッターでつぶやいたそうです。。


長男のツイッターはわかりませんでした。


お互いつぶやき合って、
IT世代ですね・・


岡口基一さんは、
スマホを毛嫌いされているようですが。。


親子関係としては、
なんかいいな〜


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • Ray
    • 2017年 7月8日

    岡口裁判官の息子(長男)は経済産業省に入省したため
    かつてはツイッターアカウントもありましたが
    現在は非公開だそうですよ。
    (岡口裁判官がそのようなことを言ってました)
    また、東大法学部出身だとか…

      • ざとれん
      • 2017年 7月8日

      情報ありがとうございます!
      人それぞれですけど、
      お父さんのように枠にはまらないお役人になって欲しいと思いました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。