ハロー張りネズミの蘭子の漫画(原作)とドラマの違いは?ネタバレ


ドラマ『ハロー張りネズミ』は、
弘兼憲史さんの漫画が原作です!

謎の女性「蘭子」の設定が、
漫画とドラマでは違いがあるような気がしますが、
今後の展開で変わってくるのかな??

ドラマの七瀬五郎と
漫画の七瀬五郎も、
かなりイメージが違います。

まず髪型が違うし・・・

漫画だと、
髪型がハリネズミみたいに
つんつん立っている部分があります。

ですが、
ドラマでは後ろで結んでいて、
撫で付けている感じもあり・・

ドラマと漫画の違いが結構ありますね〜

この後ネタバレ要素がありますので、
要注意です!

スポンサーリンク



ハロー張りネズミの蘭子@ドラマ


ドラマ『ハロー張りネズミ』の蘭子は、
平田満さんが演じる四俵乙吉(しだわら おときち)の
娘です。


四俵乙吉は、
大手商社「サンダー貿易」の副社長でした。


25年前に、
ビルから飛び降り亡くなっています。


蘭子は、
乙吉が自ら命を絶ったとは考えておらず、
誰かに殺されたと思っています。










ところで、
蘭子が、
ドラマの第1回に
あかつか探偵事務所に現れた時、
七瀬五郎は、
衝撃を受けていました。


初対面の蘭子に、
一目惚れした感じでしたよね〜


蘭子の美しさに魅了されていました。


それほどに、
深田恭子さん演じる四俵蘭子は、
きれいでした!!


ふかきょん、
きれいすぎる〜


黒魔術で若さを保ってる?と思うほど、
ずーっと美しいです〜


それはともかく、
七瀬五郎は、
依頼人の蘭子と
初めて会った風でしたよね。


ここは漫画とドラマの違いの上では、
重要な部分です!

スポンサーリンク



ハロー張りネズミの蘭子@漫画


漫画の『ハロー張りネズミ』で、
蘭子は四俵乙吉の娘であることは、
ドラマと同じです。


ドラマではどうなるのかわかりませんが、
漫画では、
四俵乙吉の養女です。



四俵蘭子画像




また四俵乙吉は、
「サンダー貿易」の社長でした。


ドラマでは、
副社長なので、
ちょっと違っています。


そして、
蘭子には
双子の姉がいました。


蘭子の双子の姉の名前は、
尾津蓮子です。


この女性は、
七瀬五郎の恋人でした。


漫画の中では、
七瀬五郎が尾津蓮子の双子の妹の
蘭子を探し出しています。


ドラマの中では、
あかつか探偵事務所のドアの前に立っていた
蘭子を初めて見たようでした。


ですが、
漫画と同じ展開であれば、
七瀬五郎は、
蘭子と初めて会ったのですが、
初めて会った感覚はなかったと思います。


蓮子と蘭子は瓜二つですから。


ドラマでは、
以前知っていたことを
臭わせることもなかったので、
この部分についても、
ドラマと漫画の違いになるのではないかと思います。


七瀬と木暮が常連の店も
漫画では、
探偵事務所の向かいの喫茶店。


ドラマでは、
探偵事務所の下のスナック。


違ってますね〜


原作の漫画を再現することも、
おもしろいですが、
時代を加味して、
新しいものを見せてくれるのも
楽しみになります。


違いを見つける楽しみも、
乙ですな〜


関連記事: ハロー張りネズミの木暮久作の暗い過去とは?漫画とドラマは違う?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。