山下真(奈良市長選)の経歴や大学は?妻や子供も気になる!



山下真さんは、
2017年7月9日の
奈良市長選挙の候補者でした。

この選挙で当選した
仲川元庸さんの当選の効力に
異議申し立てをしています。

今後どうなっていくのか気になります〜

さて、
山下真さん自身は、
どのような方なのでしょうか?

経歴や大学を調べてみました。

以前
生駒市の市長をされていました。

奈良市長に立候補したのは、
なぜなんでしょうか?

また、
ご家族についても、
気になります〜

妻は子供はいるのでしょうか?

調べてみました〜

スポンサーリンク



山下真の経歴


山下真(やました まこと)さんは、
1968年6月30日生まれです。


出身地は、
山梨県山梨市(旧牧丘町)です。


大学卒業後、
1992年に朝日新聞社に入社します。


同じ年の12月に退社し、
塾講師のアルバイトをしながら、
別の大学に編入。


1997年司法試験に合格!


1998年卒業。


司法修習生をしてから、
大阪弁護士会に登録しました。


弁護士さんなのです〜


大阪市内の弁護士事務所に勤務。


その後、
自身の弁護士事務所
「まこと法律事務所」を設立しました。


この事務所は、
橋下徹さんの事務所があったビルでした。


ここまで見ると、
山下真さんと生駒市や奈良市との
結びつきがよくわからないですね・・


でも、
その地域の出身者でなければいけない
という決まりは無いです。


総務省の選挙権のページを見ると、

市長選挙の条件は、

「日本国民で満18歳以上であり、
引き続き3カ月以上その市区町村に住所のある者」

ということでした。


⇒ 【総務省】選挙・政治資金:選挙権


なんというか、
立候補するまでは簡単ですね〜


もちろんお金は必要ですが・・




山下真画像





2005年に
生駒市の市民団体「さわやか生駒」の設立に携わります。


2006年この団体の支援により、
生駒市長選に立候補しました。


そして当選!

その後2010年、
2014年の市長選も勝ちました!!


ですが、
2015年1月に
奈良知事選に立候補するということで、
辞職。


知事選には敗北。


そして、
2017年7月の奈良市長選挙に立候補し、
落選しました。


この選挙に異議申し立てをしています。


山下さんは、
生駒市の最初の市長選に当選後、
奈良市に引っ越しています。


2回目の市長選では、
自分だけ生駒市に住民票を置き、
再選されました。


別にその土地に愛着はなくても、
ビジネスライクに、
その自治体の運営をするのも、
ありなのかなと思いました。


感情的にはどうなの??
って思いますけど・・


結局市民が快適に暮らせる
町づくりをするのが仕事なのだから、
それを考えると、
どこに住んでいても関係ないのかな。。


もちろんきちんと仕事をしてくれればですけどね〜

スポンサーリンク



山下真の学歴・大学


山下真さんの学歴は、
やっぱりすごいです!!

出身高校は、
駿台甲府高等学校。


最初に入った大学は、
東京大学文学部フランス語フランス文学科です。


編入した2つ目の大学は、
都大学法学部でした。


1994年のことです!


東大と京大を制覇!!


ツワモノですね〜


こんなに頭がいいと、
庶民の感覚がわかるのでしょうか〜


ちょっと心配だなあ〜

山下真の妻と子供


山下真さんのツイッターによると、
山下さんの家族は、
妻と子供2人です。


実は、
生駒市から奈良市に引っ越したのは、
子供の教育のためだったそうです。


まあ、
これについては、
そもそも生駒市で
教育を受けさせる気はなかったと思いますけども。。


最初から、
奈良市長選挙で良かったのではないかと
素人は思うのですが、
どうなんでしょう??


今回奈良市長選挙は破れてしまいした。


異議申し立てが通れば、
もしかして
山下真奈良市長になるかも??


どうなるか注目しています!!



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。