陸王のモデル企業のアシックスはアトランティス!妨害とは?


池井田潤さん原作の『陸王』が
ドラマ化されます!

先細りの零細企業が、
大逆転する話で、
日曜9時のドラマとして、
最適だなと思っています!

このドラマには、
企業が2つ出てきます。

その中の1つは
こはぜ屋の奮闘を妨害するアトランティスです。

アトランティスのモデルは、
大手スポーツ用品メーカーの
「アシックス」です。

実際どうなのでしょうか?

ネタバレ要素があります〜
知りたくない方は、
ここまででお願いします!

スポンサーリンク



アトランティスのモデル企業:アシックス


『陸王』で
アトランティスは、
こはぜ屋の開発を妨害します。


妨害や障害を乗り越えて、
起死回生の成功にたどり着く方が、
盛上がりますよね。


現実にも、
立ちはだかるあらゆる壁を乗り越えて、
成功した人たちは大勢いますよね。




アトランティスロゴ画像



ただ、
実際アシックスが、
こはぜ屋のモデル企業の開発を妨害した
ということは無いようです。


とはいえ、
アトランティスのモデル企業は、
アシックスで間違いない
と言えます。


アシックスは、
アスリートに、
自社の靴を履いてもらって、
試合に出てもらうという戦略をとっていました。


ここに、
シューフィッターの三村仁司さんが、
出てくるんですけどね。


アスリート用に靴を開発する部門で、
三村さんは働いていました。


アスリートから
絶大の信頼を得てました。


三村さんは、
『陸王』に出てくるシューフィッターの
村野のモデルとされています。


三村さんについては、
別記事を書いています。


関連記事: 陸王のシューフィッターのモデルは誰?村野は三村仁司!経歴は?



スポンサーリンク





アトランティスの妨害

 
『陸王』の中でのアトランティスの妨害は、
姑息です。


自分が契約を打ち切った
ランナーの茂木と再契約すると持ちかけました。


また、
シューズのアッパー素材を供給していた会社に
専属契約を持ちかけ、
こはぜ屋への供給を断ちました。


大手の会社なのに、
なぜ風前の灯火状態の
中小企業の妨害を考えるのか・・


きっと今でもあるとは思うのですが、
鉄は熱いうちに打て
ってことでしょうか。


目の上のたんこぶになる前に
手当てしろ
ってことかな。


左うちわで、
上から見ていては、
そのうち逆転される可能性があると
常に危機感を感じて、
仕事をしているんですね。


そうしないと
ビジネスで生き残っていくことは
できないのかな。


こはぜ屋は、
逆境を覆して成功へたどり着きましたが、
現実には、
打ちのめされてしまう会社も多いことでしょう。


だからこそ、
一発逆転できる話は、
嬉しいですよね!


昔、
とある上場企業に派遣社員で
働いていたのですが、
そこはメーカーでした。


その頃会社の業績が悪くって、
赤字が続いていたんです。


その時社員の人が言っていたのは、
メーカーは一発あたれば、
逆転できるんだよね〜
という言葉でした。


ヒット商品が出れば、
復活できるのが、
メーカーの面白みです!!


この発想は、
その時初めて知ったんです。


日本のメーカーの人たちは、
その心意気で、
もの作りしているのでしょうね!!


かっこいいです!

関連記事: 陸王のアトランティスのシューズ(ピンク)が購入できる!金額や方法は?


関連記事: 陸王のシューフィッターのモデルは誰?村野は三村仁司!経歴は?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。