北島智子(厚生労働省)の経歴や大学は?夫や子供はいる?家族は?



北島智子さんは、
厚生労働省関東信越厚生局長でした。

厚生省の官僚です。

女性官僚は、
まだまだ少ない中、
すごいですね。

北島さんは、
地方の行政にも携わっていました。

新潟県では、
副知事も務めました。

北島智子さんの経歴が気になります〜

また官僚と言うことで、
優秀な大学なのではないかな。

家族や夫、子供がいるのかも
ちょっと気になります。

調べてみました〜


1961

スポンサーリンク



北島智子の経歴や大学



北島智子さんは、
2017年8月時点で、
56歳でした。


なので、
1961年か1960年生まれだと思われます。


1988年に厚生労働省に入省。


保健医療局疾病対策課結核・感染症対策室
に配属されました。


本省だけでなく、

埼玉県や山梨県、
青森県では部長、
新潟県では副知事も務めました。


地方自治体歴が
7年以上あるそうです。


官僚の宿命ですが、
転勤は大変ですね。









北島智子さんの出身大学は、
日本大学です。


官僚なのに、
東大ではないの??
と思いましたが、
医学部でした。


1986年に卒業しています。


参考⇒ 精神医学・公衆衛生学合同公開セミナーパンフレット


1988年に厚生労働省に入省していますが、
大学卒業後には、
埼玉県衛生部医療整備課に勤めています。


北島さんは、
公衆衛生分野の専門家でした。


母校で講演もおこなっていました。


スペシャリストだったのですね。


最近では、
官僚の負の部分も多く取り上げられますが、
一生懸命に仕事をこなしている方も
多くいるのですよね〜


当然ですが。。


しかも、
ものすごい残業量のようです。。。


ご自身のプライベートな時間が取れるのでしょうか??


スポンサーリンク



北島智子の家族・夫や子供


北島智子さんは、
厚生労働省に入省した年に、
結婚しています。


北島さんの夫が何をしている方なのかは、
わかりませんでした。


大学卒業と同時に
ご結婚されているので、
学校の同級生なのかな??
とも思いました。


もしそうなら、
旦那さまはお医者さんかも??


夫婦揃って、
忙しい仕事ですね〜


内閣官房内閣人事局が作った冊子
「国家公務員
 女性幹部職員からのメッセージ」の中で、
北島さんは、
仕事について語っています。


その中で、
地方自治体に出向されている時には、
単身赴任だったと
おっしゃっています。


ご夫婦でお互いの仕事を
認め合っていると言うことですよね。


ステキな関係ですね。


この冊子を読む限りは、
子供はいなかったようです。


やっぱり
子育てとの両立は、
難しいのかな〜


もちろんこの冊子で取り上げられている
女性官僚には、
お子さんがいらっしゃる方もいます。


それぞれの考え方によるという感じでしょうか。


参考⇒ 国家公務員女性幹部職員からのメッセージ


さて、
北島さんは、
弟さんにマンションで刺されたというニュースがありました。


何が起こったのでしょうか。。


その後北島さんは
亡くなったそうです。


痛ましいです。。


惜しい方をなくしたというのは、
こういう時に使う言葉なのだな
と実感しました。




スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。