陸王のシューフィッターのモデルは誰?村野は三村仁司!経歴は?


池井田潤さんの『陸王』がドラマ化されます。

その中に、
シューフィッター(シューズマイスター)の
村野尊彦が登場します。

『陸王』のストーリの中では、
とても重要な人物です。

この村野のモデルは、
誰なのでしょうか?

気になります〜

実は、
村野尊彦のモデルは、
シューフィッターの
三村仁司さんです。

アスリート用のシューズの職人の
草分け的な存在です。

マラソンの高橋尚子選手や、
野球のイチロー選手のシューズも
担当しました!

スポンサーリンク



陸王のシューフィッターの村野尊彦



もしかしたら、
ちょっとネタバレ要素があります!


ご注意お願いいたします!


陸王のシューマイスター(シューフィッター)の
村野尊彦は、
大手スポーツシューズメーカーの
アトランティスの社員でした。


スポーツ選手から
絶大な信頼を得ていましたが、
会社の中では、
それほどの発言権はありませんでした。


アトランティスは、
サポート契約をしていた
マラソン選手の茂木が故障すると、
一方的に契約を打ち切りました。


この件で、
選手を第一に考えていた村野と、
アトランティスの考えは一致せずに、
村野はアトランティスを退社しました。


その後、
主人公の会社「こはぜ屋」と
ランニングシューズ「陸王」の開発で、
アドバイザーとして契約を結びました。


村野は、
選手のことを第一に考えるので、
「陸王」ができた後も、
選手にどの靴を選ぶかを決めさせました。


企業より選手の味方という立場は、
揺るがない人物です!


カッコいいですね〜


ドラマでは、
誰が演じるのでしょう??


発表が待ち遠しいです!

スポンサーリンク



陸王のシューリッターのモデルは三村仁司:経歴


さて、
常にアスリートを第一に考える
シューフィッターの村野尊彦のモデルが
誰なのかというと、
それは、
三村仁司さんです。


三村仁司(みむら ひとし)さんは、
1948年8月20日生まれです。


出身地は、
兵庫県印南郡志方町
(現在の加古川市)です。


出身高校は、
兵庫県立飾磨工業高等学校です。




陸王シューフィッターモデル・三村仁司画像




シューフィッターになるきっかけは、
高校時代に陸上部キャプテンを務めていた
ときにさかのぼります。

その当時、
部活で履いていた980円のシューズが
1週間で破れてしまいました。


「もったいないので、
もっと良い靴を作りたい」

と考えて、
大学から競技者としての誘いもありましたが、
断って、
靴メーカーに就職したそうです。


そもそもがアスリート目線なんですね〜


最初に就職した会社は、
倒産してしまいました。


そこで入った2つ目の会社が
アシックスです。


一流選手に故障が多いことに気づき、
故障を無くすことを考えました。


この結果、
多くのアスリートのシューズを作りました。


2004年には、
厚生労働省から「現代の名工」にも
選ばれています。


2009年にアシックスを定年退職。


その後
自分のシューズ工房「M.Labo(ミムラボ)を設立しました。


2010年から2017年まで、
アディダスジャパンと専属アドバイザー契約を結んでいました。


現在は「M.Labo」ブランドの靴を開発中です。




走る人が自分の状態を知ることも大事!
腕につけるだけで自分がわかるグッズです。








三村さんのインタビューを読んだのですが、
当然シューズは大切なのですが、
それを使いこなす選手の鍛練も
大変重要だとのことです。


まあ、
当たり前ですけどね。


靴は、
運動する環境からの負荷を
軽減することはできますけど、
結局は
選手のモチベーションや
勝つことにかける思いが重要になります。


そういう思いのあるアスリートには、
全力で靴の面から
サポートしたいと考えていらっしゃいました。


三村さんは熱い男です〜


一方で厳しい方のようです。


厳しくないと、
良いものは作れないですよね〜


ドラマの『陸王』で、
誰が演じるんだろう・・


すごい気になる!


早く発表されないかなあ。


関連記事: 陸王のモデル企業のアシックスはアトランティス!きねやはこはぜ屋!


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。